雇用統計は大きな波乱もなく、無事通過

今日の日経平均は、+87円の19379円と反発。

売買代金は前日とほぼ同水準の2.8兆円台でした。

20150508.gif

今日は上昇してスタートし、一時前日比100円以上上昇する場面もありましたが、雇用統計待ち等といったこともあり引けにかけて戻されて、前日比87円高で引けました。


なお、雇用統計を受けた市場は取り敢えず今のところ買いで反応し、日経平均先物も一時19550円をつけるところまで上げてきています。

ここで何か動きが出るかとも思っていたのですが、今のところ特に大きな動きは見られません。

このまま行くと、月曜日の日経平均は続伸となりそうなのですが、一応今のところは昨日も書きましたように、下落途中のリバウンドという見方を支持しております。

20252(4/23)から19257(5/7)まで約1,000円下落した後のリバウンドなので、19600~19800円ぐらいまでの戻りはあるかもしれないとは考えているのですが、もうしばらく様子を見ないとなんとも言えません。

なお、20252(4/23)から19257(5/7)まで、日柄としては7日(両端入れ)下落しているので、仮に下落途中のリバウンドという見方が正しいとすれば、戻ったとしても来週辺りまでという感じかと思われます。

逆に19257(5/7)で調整が終了しているという見方もあるかもしれないのですが、それが正しいか否かは、19257(5/7)からの戻り方を見ながら判断するという事になるかと思われます。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする