NYはここから継続して高値をとってこれるのか、注意して見て行く局面

金曜日のNYダウは小幅ながらも続伸でした。

ナスダックは小安いものの、sp500は前日に引き継き、高値更新となりました。

NYダウのザラバ高値は18273なので、18288(3/2)の高値まであと一歩というところまで来ています。

このままいくと、来週には高値抜けとなりそうな感じです。

問題はここからどう動くかという事なのですが、NYダウは18288(3/2)の高値をつけてから、2か月半近く高値を抜けていないという事になります。


これだけの期間高値を抜けてこれなかったものが高値を超えてくるとなると、そこから暫く上げのトレンドが続くという事になります。

日本株においても、日経平均が18030(12/8)で高値をつけた後、暫く高値を超えられずにいたのですが、2月中旬に高値を超えた後は2か月近く上げのトレンドが続き、20252(4/23)の高値をつけるところまで上げてきました。

NYダウもこの時の日経平均の動きと同じような展開になるとしたら、18288(3/2)の高値を超えたら暫く上げのトレンドが続くという事になります。

ただし、高値を一時的に超えるものの、そこで力尽きてトレンドが転換するというパターンもあります。

エリオット波動でいうところの斜行三角形とかはそのパターンになるのですが、sp500のチャートとかをみると、斜行三角形のパターンをやっているように見えなくもありません。

sp500.gif

よって、ここからはNYダウが仮に来週高値を抜けたとしても、その高値更新の勢いが継続しそうか、注意して見て行く必要があるのではないかと思っています。

高値を超えてその勢いが欠ける事なく上方向に向かう展開であれば日本株もそれに連動して高値更新を試す展開になると思うのですが、逆に、高値圏近辺で上値が重い展開になるようだと、トレンド転換を注意すべき局面になってくるのかもしれません。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする