日経平均は10連騰

今日の日経平均は、+78円の20551円と続伸。

続伸記録は今日も継続し、10日まで伸びてきました。

売買代金は前日より増加して、3.2兆円台でした。

20150528.gif

今日も上昇してスタートし、後場寄り後に前日より180円程度高い20655円の高値をつけました。

その後は急速に伸び悩み、前日とほぼ同水準まで押し戻されたのですが、引けにかけて切り返し、今日も続伸で引けました。


今日の上げで日経平均の連騰記録は10日まで伸びました。

以前10連騰したのは1986年8月のようなので、何と29年ぶりの出来事になります。

さて、一昨日やや大きく下落したNY市場は、昨日は反発でした。

一昨日の下げで調整入りしたのではないかと思ったのですが、ナスダック等は昨日の上げで終値ベースでは直近の高値水準を上回ってきているので、そう判断するのはまだ少し早いのかもしれません。

もう少し様子を見る必要があるかと思います。

その他、海外市場では、今日中国市場の下げがやや大きくなっており、上海指数等は6%程度の急落となっております。

ただ、中国市場の場合は、バブル化しており、上に行くにしろ、下に行くにしろ、フレが激しくなっているので、今日の動きだけをみて調整入りしたとは判断できないので、これもまたもうしばらく様子を見ないと判断できないところかと思われます。

そして日本市場なのですが、本日は売買代金が3兆円を超える等、活況で、勢いが止まる感じがありません。

ただ、5/25の記事も書きましたように、一応現状では高値警戒の目標ゾーン(※)の中に入っているので、そろそろ慎重に考えるべきではないかというスタンスをとっております。

(※)高値の値幅面でのターゲット : 20458~20925円

高値の日柄面でのターゲット  : 5/19~5/29

ただ、通常の地合いであればそろそろいいところに来ていると思うのですが、今のようなややバブルがかった地合いの場合はあまりセオリー的なよみは通用しないので、結局のところは動き方を見ながらややおかしいと思われる兆しが出てきたところで短期的な天井圏の可能性を判断するしかないのかもしれません。

続伸記録が10日まで伸びてきており、ここまで連騰が続くとそろそろ天井だろうと思えたりもするのですが、強い地合いの時は続伸記録が途切れたところが短期的な天井にはならず、ややタイムラグがあって天井をつけるケースの方が多いような感じがしております。

よって、こういう時は勝手に天井だと決めつけず、行く末を見守りながら、変化の兆しが出るか否かを注意深く見ていくところかと思われます。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする