日経平均はやっと2万円割れ

今日の日経平均は、▲228円の19991円と4日続落。

売買代金は前日より増加して、2.3兆円台でした。

20150618.gif

本日は続落してスタートし、ほぼ一本調子で下値を切り下げる展開に。

最終的には本日の安値圏での陰線引けとなりました。


昨日のNYはFOMCの結果を受けて続伸でしたので、今日も引き続きレンジ圏内で終始する展開かと思っていました。

しかし、前場の段階でTOPIXが6/10の直近の安値1627を割り込み、日経平均も引け際にかけて下値を切り下げ、6/10につけた20016円を下回って引けました。

本日、日経平均は6/10につけた安値を割り込んできた事で、暫く継続してきた20016(6/10)~20655(5/28)のレンジを下に抜けたという事になりました。

なお、従来当ブログでは2万円割れはあるとの見方を継続してきたのですが、本日の下げでやっとそれが実現したという事になります。

さて、暫く継続してきた20016(6/10)~20655(5/28)のレンジを下に抜けてきた事で、ここからは下方向への動きを警戒すべきところになると思われます。

ただ、2万円を割れたといっても、20655(5/28)からの下げ幅はまだ665円なので、同幅が1,000円は超えるというかたちにはなっていません。

少なくとも、昨年12月~1月にかけてみられた、以下のような下げ幅はあるように見ております。

○18030(12/8) ⇒ 16672(12/17)  ▲1358円

○17914(12/29) ⇒ 16592(1/16)  ▲1438円

よって、最低限でも今年の5月につけた安値19257(5/7)程度までの下げはあるのではないかというのが、現時点における見方となります。(本命の見方は、高値から2,000~4,000円程度の下げがあるのではないか、というものになります)

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする