日経平均はITバブルの高値を更新

今日の日経平均は、+58円の20868円と4日続伸。

売買代金は前日とほぼ同水準の2.8兆円台でした。

20150624.gif

本日は高寄りして寄り直後に20838円の安値をつけました。

そこから上に行き、後場寄り後に20952円の高値をつけたのですが、その後はだれる展開に。

最終的には小幅高での4日続伸となりました。


今日も昨日に引き続き、マドを空けての上昇となりました。

日経平均はITバブル時の高値20833円を、ザラバ及び終値ベースで超えてきました。

また、昨日の段階で、日経平均は直近の高値を抜けてきていたのですが、TOPIXはそれを超えられませんでした。

しかし、今日の上昇で高値更新となっており、日経平均、TOPIXともに高値を更新でそろい踏みという形になりました。

なお、夜間に入りギリシャ問題を嫌気する形で、日経平均先物は一時20690円をつけるところまで売られています。

ただ、今日の高値で一旦ピークアウトする形態はやや考えづらいので、これまで上げのピッチが早かった事に対する反動の動きとみるのが適当なような感じがします。

19990(6/18)の安値から今日の高値まで、日柄的にはわずか5日(両端入れ)で、960円程度の上げとなっているので、これまでの上昇波の上昇ピッチと比較すると、ペースとしてはやや早いような感じもします。

よって、一旦ここで緩むような展開となった場合は、下値を拾うような感じでもいいのではないかと考えているのですが、明日以降、はたしてどう動いてくるでしょうか。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする