小幅反発で直近で空けた小窓を埋めてきていますが……

今日の日経平均は、+90円の20684円と反発。

売買代金は前日より減少して2.2兆円台でした。

20150723.gif

本日は上昇して始まり、その後は一進一退の展開でした。

結局、寄り値より多少安い水準で引け、日足の形状は小陰線でした。


今日の日中高値は20708円でしたので、一昨日から昨日にかけて空けた小窓部分(20677~20710円)を埋めるような感じになりました。

昨日の記事で、アイランドリバーサルのパターンとなる可能性もあるのではという事を書いたのですが、今日、小窓部分を埋めてきたという事で、アイランドリバーサルのパターンとはちょっと違うような感じにはなってきました。

ただ、かと言って、強気に見れる形状が現れているわけではありません。

今日は反発しましたが日中の高値と安値の幅はわずか60円程度で、方向性が乏しい展開が続いているという点では特段変化は見られません。

なお、注目している上海指数は本日も戻り歩調となり、ザラバ高値で4132をつけました。

7/19の記事で書きましたように、上海指数は3373(7/9)の安値から3波構成の戻りをやっている最中と見ているのですが、今日の戻りで7/9からの日柄は11日目(両端入れ)となりました。

戻り1波(上げ) : 3373(7/9)  ⇒ 4035(7/14)

戻り2波(下げ) : 4035(7/14) ⇒ 3688(7/16)

戻り3波(上げ) : 3688(7/16) ⇒ 現在進行中

また、7/11の記事で書きましたように、戻りの値幅としては4050~4500辺りが戻りの限界になるのではないかと見ているのですが、4132まで戻り高値をつけてきた事で、戻りの値幅としてもそろそろいいゾーンまで入りつつある、という事が言えるのではないかと思われます。

その他、7/21の記事で書きましたように、上海指数は今週から来週にかけて戻りのピークを迎えるのではないかと考えいるのですが、現状ではまだ、怪しい動きが見られるようになってきているというわけではありません。

ただ、上海指数は今日の戻りで25日線を超えるようなところまで戻してきています。

このような点もあるので、そろそろ注意度合いを上げて見て行くべき局面に入りつつあるのではないかと考えております。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする