NYおよび中国市場の動向を引き続き注視

今日の日経平均は、+62円の20585円と続伸。

売買代金は前日に続き3兆円台でした。

20150731.gif

本日は安寄りしてスタートしましたが、その後は下値を切り上げる展開に。

最終的には日中の高値圏で引けるかたちとなりました。


本日は、昨日に引き続き売買代金は3兆円台にのり、続伸の展開でした。

昨日のNYダウは、スタート時は売られる場面もあったのですが、5日線のラインまで下げたところで切り返し、結局小幅安での引けました。

NYダウは、17399(7/27)まで下げたところから切り返しの動きとなっており、日経平均もまた、20070(7/28)まで下げたところから反転の動きとなっています。

先週の段階では、今週は下げる展開になるかと警戒していたのですが、NY市場、日本市場共に、下げたのは週の前半まででそれ以降は切り返しの動きとなっています。

海外市場ではNYは戻る動きとなっているのですが、中国の上海指数は、直近で3537の安値を7/28につけた後、反発する動きにはなっているものの、戻りの勢いには欠けるという展開となっています。

現時点において、NYはいいとして、上海指数が伸び悩んでいるところはやや気になるところにはなります。

しかしながら、今の感じからすると、まだ、戻り方向の流れが継続という感じがします。

ただ、NYや中国など、外部要因次第によっては、その方向性がまた変わる可能性もありますので、NYおよび中国市場の動きについては、引き続きその動向を注視していく必要があるかと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする