日柄的には来週が最初の関門となるか

今日の日経平均は、+561円の19136円と3日続伸。

売買代金は前日と同程度の3.0兆円台でした。

20150828.gif

本日は昨日のNY高を受けてマドを空けてスタート。

その後も下値を切り上げ、最終的に561円高で引けました。


本日の引け値は19136円だったので、200日線(19042円)を回復し、戻りの最初の節目となるとみていた19000円どころを抜けてきました。

ここを抜けてくると、次の節目は、20946(8/11)から17714(8/26)までの下げの半値戻りとなる19330円あたりとなり、この水準は8/21から8/24にかけて空けたマドである、19154~19435円の水準に近い所にもなります。

なお、日柄的には今日の戻りで戻り日柄は3日目(両端入れ)となり、仮に17714(8/26)からの上昇が、20946(8/11)から始まった調整過程の中でのリバウンドであるとする見方が正しいとすると、日柄的な面からみた最初の関門は来週という事になります。

来週は9/4(金)にアメリカの雇用統計もありますので、要注意となるのかもしれません。

その他、本日の動きでは、上海指数は+4.9%と続伸しましたが、香港のハンセン指数は高寄り後下落して引ける陰線引けでした。

ハンセン指数は本日下落したとはいえ、まだ5日線よりも上の水準にありますので、警戒信号が点灯するという事にはなっていませんが、来週月曜日、火曜日になっても下げが続くようだと、8/25につけた安値(20865)を割れる展開となるかもしれません。

今は株価がどこまで戻るのか様子を見ながら、どこで戻りの流れに変化が生じるのかを注意をしながら見て行くところだと思っております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする