今日は下落して引けるかと思っていたのですが……

今日の日経平均は、+68円の17860円と反発。

売買代金は前日より減少して2.3兆円台でした。

20150907.gif

本日は先週のNY安を受けて下落してスタートし、9時半すぎに17478円の安値をつけました。

その後は切り返す展開となり、18000円を超える場面もあったのですが、そこからは上値が重くなり、最終的に小幅高での引けとなりました。


今日は中国の式典明けの流れで、中国株下落で、日本株も下げるかと思っていました。

結局、中国株は下落して終わったのですが、日本株は反発して引けました。

その後スタートした夜間市場においても、日経平均先物は本日の日経平均の終値近辺で推移しています。

先週の土曜日に、「9/9~11あたりで一旦下げ止まり、そこからリバウンドの動きに転じるのではないかと、現段階では予想します」という事を書いたのですが、それはあくまでも9/7以降も下値を更新するような動きが続いた場合、という事が前提となります。(この点は注記で書いたことになります)

一般的にこういう下げ相場の場合、下げ方が急であるほど、下げの期間は長引かず、目先の底打ちが早くなります。

本日日経平均の安値は17478円なので、先週金曜日につけた安値17608円を割れてきました。

ここまではいいとして、仮に明日、明後日と、今日つけた安値17478円を割れずに、下に行く訳でもないが、かと言って上に行く訳でもないという、方向感がよく見えない動きになった場合は、目先の底入れが先送りになる可能性も出てきます。

下手に上げるより下がる時は下がるという感じで動いてくれた方が、反転に転じるのも早くなると思うのですが、動きたい方に動くのが相場というものなので、こればっかりは私ごときがどうこう言ったところでどうしようもありません。

取りあえず、今週前半の動きがどうなるのかを見ながら、週後半に買い場が来そうなのか否かを考えていく必要があるかと思います。

なお、現状、相場動向を注視しなければいけない状況にあるのですが、ちょうどこの時期、昨年もそうだったのですが、今年も全国行脚の旅が始まります。

それに伴い、更新がまた飛ぶ場合もあるかと思います。

その点、あらかじめご了承願えればと存じます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする