様子見という選択肢もありかと思います。

今日の日経平均は、▲298円の17966円と3日続落。

売買代金は、2.0兆円台で薄商いとなりました。

20150914.gif

本日は小幅高でスタートしたのですが、すぐに売りに押される展開となり、マイナス圏に。

その後も売りが断続的に続き、日中の安値圏に近い水準でのクローズとなりました。


本日の日中の安値は17925円だったので、先週の9/10の木曜日につけた17956円を割れてきました。(但し、TOPIXは9/10につけた安値はまだ割れてきていません)

日経平均は、これで先週の木曜日から3日続落となりました。

なお、FOMCの結果が日本市場で反映されるのは、今週の金曜日からになりますので、それまではこんな感じでの動き方が暫く続くのではないかと思われます。

今回のFOMCで利上げが実施される可能性は半々と見られているようなのですが、それまでにマーケット全般が上げるような展開が続いているような感じだと、利上げ実施でそこから一転して下落に動く可能性が高くなると思われますし、逆に、売られる展開が継続して安値更新が続くような感じになると、利上げ見送りでそこから一転して上昇に転じる可能性が高くなるのではないか等と考えていたりもします。

ただし、こればっかりはフタをあけてみないと、どちらに転ぶのかわかりません。

という事で、FOMCの結果が出るまではどちらにも動きづらいというのが正直なところになりますので、今のような局面の場合は様子見に徹するとする考え方も、十分ありなのではないかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする