このまま単純に戻り方向に入っていくのでしょうか?

今日の日経平均は、+145円の18172円と続伸。

売買代金は、前日よりも減少して2.1兆円台でした。

20150916.gif

本日は続伸してスタートし、10時過ぎに18291円の高値をつけました。

そこからは上値が抑えられる展開となり、最終的には寄り値よりも安い水準での引けとなりました。


今日も昨日と同じような展開でした。

やはり、FOMCの結果が明確になるまでは、一時的に上がっても上値を抑えられる展開になるのかと思われます。

とは言え、FOMCを控えて、じりじりと上値を押される展開にはなっておらず、逆に徐々に上方向に値が上がってきています。

本日の夜間でも、日経平均先物は一時18250円をつけたりしてきております。

このような動きは日本株だけに限った動きではなく、NY市場でも同様の展開となっています。

昨日のNYダウは上昇し、ザラバ高値で16644をつけており、15370(8/24)の安値から継続している保ち合い相場の中でつけた高値水準(※)に並ぶところまで上げてきております。

(※)16669(8/28)、16664(9/9)

取りあえず、今回のFOMCでの利上げはなさそうとの事で、このような動きになっているのかと思います。

しかし、結果が出る前の段階でそれを先取りするような感じで上がってきてしまうと、事前予想通り利上げ見送りとなったとしても、当初の想定通りの内容だったので結果として大して上げないであるとか、織り込み済みの内容なので逆に下がる、というような動き方になる可能性も出てくるのではないでしょうか。

逆にまさかの利上げ実施となると、それはないと見てフライング気味に上げてきたので、その反動が出て大きく押し戻されるという展開になるのかもしれません。

というわけで、FOMCの結果が出る前に、それを先取りする形で上がってくるほど、逆の結果が出た場合の反動リスクが高くなってくると思います。

昨日の記事でも書きましたように、FOMC後に相場が動いてくる可能性があるのですが、テクニカルで見た場合、そこで動く方向は下という可能性も考えられます。

よって、直近では戻り方向にあるものの、やはりスタンスとしては様子見とするのが妥当ではないかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする