再度安値を目指してからリバウンドというのが現時点における想定となります

NYダウは9/17に16933の戻り高値をつけた後、伸び悩み、上髭ありの小陰線で引け、翌日の9/18は▲290と続落となりました。

20150921NY.gif

NYダウは15370(8/24)の安値以降戻る方向にあったのですが、先週金曜日の下落で、当該安値から継続してきた下値ラインを下回ったように見えるので、ここからは、再度15370(8/24)の安値方向を目指すのではないかと考えております。

NYダウが再度安値方向を目指す展開になると思うので、日本株についても17415(9/8)を目指す展開になると見ております。


なお、これまでの記事でも書いておりますように、ここからの動き方に関しましては、再度安値方向に動いた後、リバウンド(※)に転ずるのではないかと考えています。

(※)リバウンドの期間としては、1~2か月程度を想定しています。

ただ、本日はドル円が戻す展開となっており、シカゴの日経平均先物も一時18000円を上回ってきています。

ここからドル円が戻り、NYダウも反転してくるようであれば、上述の見方を修正する必要が出てくるのですが、今のところボラティリティ(変動率)が高く、ブレが大きい状態が続いていますので、現状ではその見方を修正する必要はないのではないかと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする