目先ナスダックがNYダウの上げに追いついてくるかどうか、注目

今日の日経平均は、▲181円の18141円と7日ぶりに反落。

売買代金は、前日より増加して2.6兆円台でした。

20151008.gif

本日は、小幅安でスタートし、10時過ぎに18400円の高値をつける局面もありました。

が、そこから売りに押される展開となり、下落しての引けとなりました。


今日は接待での飲みがあり、更新が遅れました。

さて、本日の動きなのですが、引けにかけて売りに押されたので、日足的には陰線での引けとなりました。

一昨日は高かったのですが陰線引けで、昨日は陽線引け、そして今日は再度陰線引けと、この3日程度はほぼ同水準で一進一退となっています。

ただ、一応ザラバベースでの高値は続けて更新してきているので、戻り地合いは継続しているという事になります。

その背景には、NYダウが9/17につけた戻り高値を抜けてきているという点があると思います。

しかしながらやや気になる点として、NYダウが9/17につけた戻り高値を抜けてきているのに対して、ナスダックは9/17につけた戻り高値を未だ抜けていない(※)という点が挙げられます。

(※)ナスダックが9/17につけた戻り高値は4960。それに対して、直近の高値は昨日つけた4791。

仮にこの状態が暫く続いた場合、ダイバージェンス(逆行現象)が生じているという事になるので、それは現状継続している戻り相場に黄色信号が点灯するのを意味する事になります。

という訳で、戻り地合いは続いているのですが、目先的にはナスダックがNYダウの上げに追いついて、ダイバージェンス状態が解消するのか否かという点については、注視しておく必要があるような感じがしております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする