今週は転換候補となるか?

今日の日経平均は、▲203円の18235円と反落。

売買代金は、前日より減少して2.4兆円台でした。

20151013.gif

本日はマイナスでスタートし、以降は売りに押される展開でした。

日中の安値が18223円なので、ほぼ安値圏でのクローズとなりました。


日経平均は先週の金曜日に18438円の戻り高値をつけたのですが、その前の火曜日以降の動きをみると18200~18400円あたりで一進一退での動きとなっています。

なお、直近の安値は16901(9/29)になるので、先週の金曜日につけた18438円の戻り高値まで、日柄としては9日、値幅としては1537円戻してきている事になります。

20946(8/11)の高値以降ではこれは最大の幅での戻りとなっています。

が、果たしてこのまま戻り地合いは継続する事となるのでしょうか。

この点に関連して、10/7の記事では、今週10/13~16にかけては転換候補の週となるのではないか、というような事を書きました。

10/7の記事では、20946(8/11)の高値以降、10~13日の間隔で短期的なトレンドが変わる傾向があるので、次の転換候補日は10/13~16というような事を書いたのですが、よくよく見てみたらそれよりも前(6/24の20952円高値)からその傾向は続いていました。

具体的には以下の通りです。

20952(6/24)高値 ⇒ 19115(7/9)安値  日柄:12日(両端入れ)

19115(7/9)安値 ⇒ 20070(7/28)安値  日柄:13日

20070(7/28)安値 ⇒ 20946(8/11)高値  日柄:11日

20946(8/11)高値 ⇒ 17714(8/26)安値  日柄:12日

17714(8/26)安値 ⇒ 17415(9/8)安値   日柄:10日

17415(9/8)安値 ⇒ 16901(9/29)安値  日柄:13日

こうしてみてみると、6/24から3か月近くこのタイムサイクルは有効であったという事が言えます。

この点から鑑みても、現状戻りが続いているものの、今週はトレンド転換を警戒すべき局面に入る、という事が言えるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする