来週から再来週にかけて戻り高値をとってきた後に、どう動いてくるのか

今日の日経平均は、+20円の19879円と続伸。

売買代金は、前日より減少して2.1兆円台でした。

本日は安寄りしてスタートし、9時半過ぎに19715円まで売られました。

しかしその後は切り返して戻る展開となり、引け間際にプラス圏内に浮上し、日中の高値で引けました。

スポンサーリンク

日経平均の16901(9/29)の安値以降の戻り波動を細分化してみると‥‥

20151120

昨日は出張の為、更新できずでした。

さて、昨日、日経平均は19959円の戻り高値をつけました。

今日は戻り高値は更新できずに一休みとなりましたが、2万円の大台まで指呼の間まで迫りました。

今のところ、外部環境に変化は見られないので、8/20~21にかけて空けたマド19737~20033円を埋めに来そうな感じです。

問題は2万円の大台にのせ、8/20~21にかけて空けたマド19737~20033円を埋めた後、どう動いてくるのかという事になるのですが、16901(9/29)の安値以降の戻り波動を細分化してみると、以下のような感じになります。

①波 : 16901(9/29) ⇒ 18438(10/9)   +1537円

②波 : 18438(10/9) ⇒  17758(10/15)  ▲680円

③波 :  17758(10/15) ⇒ 19202(10/30) +1444円

④波 : 19202(10/30) ⇒ 18641(11/2)   ▲561円

⑤波 : 18641(11/2) ⇒ 19725(11/12)  +1084円

⑥波 : 19725(11/12) ⇒ 19252(11/16)  ▲473円

⑦波 : 19252(11/16) ⇒ 現在進行中

ざっくり言って、1000~1500円程度上げて、500円程度下がるという波を描きながら、戻してきているという感じになります。

現状は、19252(11/16) からの上げとなるのですが、ここまでの流れからすると、そこから1000円程度戻したところで、また下げに転じる展開になると思われます。

そこで下げに転じた場合、そこからの下げが500円程度でとどまれば、まだリバウンドは継続という事になると思いますし、それ以上下がる展開となる場合(上記波動のここまでの下げの最大幅が▲680円なので、これ以上の下げとなった場合)は、16901(9/29)からのリバウンドの流れは転機を迎えるという見方ができるのではないかと考えております。

⑦波目のピークは、ここまでのパターンだと来週から再来週にかけて到来すると思われるので、一旦ピークをつけた後の下落が大きくなるのか、それとも、これまでと同程度の500円程度の下げにとどまるのかを見て行くところになるかと思われます。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする