日経平均は戻り高値近辺で一進一退の状況が続く

今日の日経平均は、▲77円の19848円と反落。

売買代金は、前日より減少して2.1兆円台でした。

本日はマイナスでスタートし、後場寄り後に19786円まで下落しました。

そこから戻しに入ったものの、戻しは19871円までで、結局前日終値まで戻しきれずに引けました。

スポンサーリンク

地合いの変化のきっかけを待つところ

20151125

先週木曜日に19959(11/19)の戻り高値をつけて以降、戻り高値の水準で一進一退の展開が続きます。

フランスのテロ以降、地政学的リスクという観点で見た場合、ややネガティブなニュースが続いています。

しかし、その割には下げないので、地合い的には強いのかと思われます。

ただ、商いの水準自体は盛り上がりに欠け、依然として低水準のままなので、比較的厚い壁となる、ここから上の水準(2万円から上の水準)を目指していくのには、やや力不足な感じもします。

かと言って、昨日の記事でも書きましたように、大きく変調するような兆しは今のところ見られないので、まだ暫くはリバウンド局面が続くような感じもします。

なお、今日の段階で、8~9月の急落を受けてつけた安値16901(9/29)から、日柄的には38日目(両端入れ)となっています。

8~9月の急落時の日柄が、20946(8/11)から16901(9/29)までで、33日(両端入れ)なので、下げに対する戻りの日柄としてはそろそろいいところに来ているような感じもします。

ただ、前述したように、戻り相場に変調が見られる兆しは、今のところまだ見えていないので、引き続き様子見となり、変化のきっかけが現れるのを待つ局面になるのかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする