NYの大幅高のわりには日経平均の上げは限定的

今日の日経平均は、+193円の19698円と反発。

ただ、売買代金は、前日より減少して1.8兆円台で、2兆円割れでした。

本日は先週金曜日のNY市場の大幅高を受けて、寄付きから上昇してスタートしました。

その後、前引け前に19811円をつけたところが日中の高値となり、以降はもみ合いとなり、最終的には日中の安値圏で取引を終えました。

スポンサーリンク

原油相場は節目となる40ドルを割り込み、8月下旬の安値水準に接近

20151207

先週金曜日のNY市場は、NYダウが2%以上の上昇とm大幅高でした。

それに対して今日の日経平均とTOPIXの上げ幅は1%に満たなかったので、NY市場が上げたわりには上値が伸びなかったという感じでした。

売買代金も2兆円を割れており、盛り上がりに欠ける1日でした。

ただ、日経平均は先週金曜日につけた19444円が目先の安値となり、もうしばらくはリバウンドの流れが継続するのではないかと思われます。

現状は、悪材料と見られるものが出ても下げとなるのは一時的で、すぐに切り返すという動きが続いていますので、地合いとしては強いのだと思います。

しかし、最近はあまり材料視されることもない原油相場ですが、先週のOPEC総会を受けて軟調な展開となっており、今日の段階で節目となる40ドル台を割り込できております。

ここまで下げてくると、8月下旬につけた37ドル近辺の安値水準を割り込んでくるのも時間の問題かと思われます。

今のところは原油相場の下げを嫌気したような動きは見られませんが、さすがに再度の安値割れとなると、それを嫌気した動きも出てくるのではないかと思われるので、ここからは地合いの変化がどの辺りで出てくるのかを見て行くところになるかと思われます。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする