日経平均は反発となるも、下げの第1波はまだ終わっていないのかもしれない

今日の日経平均は、+183円の19230円と4日ぶりに反発。

売買代金は、メジャーSQだったこともあり前日より増加して3兆円台でした。

本日は小幅安で寄り付いた後、反発に転じ、10時39分に19282円まで上昇しました。

その後は高値圏での推移となり、4日ぶりに反発して引けるかたちとなりました。



日経平均の下げの第1波がまだ終わっていないとした場合の下値の目安としては

20151211

本日は、寄りで付けた19020円が日中の安値となり、反転する展開となりました。

なお、今日反発となったことで、何日か戻す展開を想定していたのですが、夜間に入り日経平均先物は一時19890円の安値をつけるところまで売られてきています。

今晩のNY市場が下落し、日経平均先物が今の水準を維持したまま引けると、週明けにも今日つけた安値19020円を早々に割り込むという展開になりそうな感じです。

そうなると今日の上げは12/9~10にかけて空けたマド(19125~19260円)を埋めるための上げに過ぎず、下げの第1波はまだ終わっていない、という事になるのかもしれません。

仮にそうだとした場合、20012(12/1)の高値からの波動は、次のようにブレイクダウンしてみるのが妥当なような感じがします。

このような感じで見た場合、19020円の安値を割り込んで、もう一下げあったところが下げの第1波のエンドになるという展開になるのかもしれません。

下げの第1波-① : 20012(12/1) ⇒ 19444(12/4)  ▲568円

下げの第1波-② :  19444(12/4) ⇒ 19811(12/7)  +367円

下げの第1波-③ :  19811(12/7) ⇒ 19020(12/11)  ▲791円

下げの第1波-④ : 19020(12/11) ⇒ 19282(12/11) +262円

下げの第1波-⑤ :  19282(12/11) ⇒ 現在進行中?

取りあえず今晩のNY市場の動きを見ないと、週明けの東京市場がどう動いてくるのか、現時点ではまだわかりません。

が、仮に上記の見方が正しいとした場合、下げの第1波-⑤ のエンドの目安としては、18491~18714円(※)あたりが考えられるのではないかと想定しております。

(※)19282(12/11) から下げの第1波-③と同程度の値幅を下げた場合 :  18491円

   19282(12/11) から下げの第1波-①と同程度の値幅を下げた場合 : 18714円

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする