ここから上方向に向かうのか、それともやはり下方向へ向かうのか、目先的にはポイントとなる局面

今日の日経平均は、▲29円の18887円と3日続落。

売買代金は、前日より減少して1.9兆円台と2兆円割れでした。

本日は小幅高でスタートした後、9時39分に18824円まで下落。

その後は切り返し、後場にはプラス圏内まで再浮上する局面もあったのですが、引けにかけて下落して、結局小幅安で引けました。

スポンサーリンク

日米ともに75日線近辺を巡る攻防

20151222

昨日は出張の為、更新できずでした。

さて、昨日の日経平均は先週金曜日の流れを引き継いで、一時は18651円の安値をつけ300円以上売られる局面もあったのですが、その後は切り返して下げ幅を縮小しました。

そして今日は、日中の値幅は120円程度と、あまり方向感が見られない一日でした。

先週金曜日の引け方からすると、今週は下方向の動きに拍車がかかるのではないかと考えていました。

しかし、続落とはなってはいるものの、金曜日の引け値と比べた下げ幅は100円程度と、それほど大きな下落にはなっていません。

ここにきて、日経平均だけではなく、NYダウ、ナスダックも75日線あたりで下げ渋る展開となっているので、目先的にはこの水準を維持できるかどうかがポイントになるかと思われます。

今日の段階で、日経平均の75日線は18768円、NYダウの同線は17199、ナスダックは4935となっています。(NYダウとナスダックは昨日の引け値ベース)

日本市場は明日は祝日で休場となるので、まずは休みの間のNY市場がどう動いてくるのかを見て行くところかと思われます。

なお、仮にここで75日線を維持したまま反転に転じてくるようであると、これまでのここから下方向へ向かうという見方を修正する必要も出てきます。

逆に、75日線を維持できずに割れてくるようであると、やはり下方向へ向かうという確率が高まってくると思われます。

ここから上方向へ向かうのか、それともやはり下方向へ向かうのか、当面の方向を占う上でポイントとなる局面に位置しているのかと思います。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする