日経平均は今日も急落。ただ、そろそろ目先リバウンドとなる可能性もあるか?

今日の日経平均は、▲423円の17767円と4日続落。

売買代金は、前日より増加して2.8兆円台でした。

本日は小幅安で寄り付いた後、9時23分に18172円まで戻した後は急落となりました。

最終的には日中の安値で取引を終え、安値引けで終了しました。

スポンサーリンク

日経平均は18000円の大台をあっさり割れる

20160107

日経平均は本日、あっさりと18000円の大台を割れてきましたので、この先16901(9/29)を割り込む可能性が濃厚となってきました。

ただ、目先的にはそろそろ短期的なリバウンドがあるかもしれません。

現状では20012(12/1)から下落波が進行中なのですが、恐らくこの下落波は、5波動での下げとなると思われます。

この下落波を細分化すると以下の通りになります。

下落1波 : 20012(12/1) ⇒ 18562(12/15) 下落幅▲1450円、日柄11日(両端入れ)

戻り2波 : 18562(12/15) ⇒ 19869(12/18) 戻り幅+1307円、日柄4日

下落3波 : 19869(12/18) ⇒ 現在進行中

今日、日経平均が17767円まで下げた事で、下落3波の下げ幅は2102円となりました。

下落3波の下げ幅の一応の目安としては、1波の下げ幅×1.618の2346円が考えられます。

19869(12/18)から2346円下げたところは17523円となります。

日経平均でみた場合、500円毎が一応、大台の目安になりますので、17500円レベルが第一のメドかと思われます。

本日夜間に入って、日経平均先物が一時17460円まで下げているので、明日以降もしかするとこの水準もあっさりと割り込んでしまうかもしれません。

その場合、次の大台の17000円レベルまで一気にいってしまうかもしれないのですが、17000円レベルは前回安値の16901(9/29)と近い水準ですし、下落3波の下げ幅としてはそこまで行くとさすがにいいところという事になりますので、そこで一旦リバウンドという事になるかと思われます。

仮にそうなった場合、明日か、週明けの1/12の安値で一旦リバウンドとなり、1/5の記事「日経平均は、今週~来週にかけて下押し圧力が強い展開となるか?」で書きました1/15~1/20という日柄は、安値をつける時期ではなく、逆にリバウンド後の戻り高値をつける時期になってくるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする