日経平均急落!ここから早期に切り返せないと‥‥

今日の日経平均は、▲559円の17191円と急落。

売買代金は、前日より増加して3.1兆円台でした。

本日は昨日のNY安を受けて、マドを空けて下落してスタート。

寄り直後につけた17515円が日中の高値となり、以降は下げ幅を広げる展開となりました。

日経平均は10時37分につけた17080円が日中の安値となり、以降は、多少戻す動きもありました。

が、結局、安値圏の動きからは抜け出せず、最終的には500円以上下げる急落で日中の取引を終えました。



やはり日銀のマイナス金利導入効果は早くも息切れ?

20160203

今日の日経平均の日中高値は17515円。

それに対して、昨日の日中安値は17684円だったので、本日は170円程度マドを空けて下げた形となっています。

また、本日の急落で日経平均は5日移動平均線の水準(17473円)を明確に割り込んできています。

このような点からみると、今回の戻りトレンドは早くも転換したように思えなくもないです。

ただ、一旦5日移動平均線を大きく割り込んだ後、すぐに切り返してくるパターンもあるので、戻りトレンドが転換したか否かの判断はあと1日、2日みないと判断できません。

なお、日銀によるサプライズのマイナス金利導入発表から、本日で4日目になるのですが、4日目で早くも日経平均は500円以上下げる展開となりました。

マイナス金利を発表した日の日経平均の寄り値は17155円で、今日の引け値は17191円なので、見方によっては、サプライズ効果はわずか4日程度で帳消しになったと見えなくもありません。

1/29の記事「日銀会合の結果を受けて日経平均は乱高下」で、「今回のマイナス金利導入は、過去2回あった日銀緩和がきっかけとなって暫く上げ相場が続いた時とは異なり、その影響は一時的なものにとどまるのではないかと考えています」という事を書いたのですが、

過去2回の日銀緩和による上げ相場の時は、わずか4日程度でほぼ元の水準に戻るという事はなかったので、今日の動きからみても、やはり前2回の時とはやや様相が異なるように思われます。

取りあえず、今週後半に向けて明日以降、どう動いてくるのか、要注目です。

しかし‥‥。

どうでもいいのですが、最近本当に忙しいです。

このまま行くと身体が持たないのではという気がしないのでもないのですが、かと言って、相場の方は相変わらず動きは激しいので、ブログの更新もしてかないと、せっかく見に来てくれる方(お陰様で、アクセス数は昨年の12月と比べて倍になりました)に申し訳ないし‥‥。

と、まあ、現状はこんな感じなのですが、なんとか頑張っていきたいと思っております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする