日経平均暴落!でもセリクラはまだ先の話

今日の日経平均は、▲+918円の16085円と反落。

売買代金は、前日より増加して3.0兆円台でした。

本日は昨日のNY安を受けて安く寄り付いてスタート。

寄り直後につけた16668円が日中高値となり、その後も一貫して下落する展開となりました。

日経平均は14時22分に16025円までいったところが日中の安値となりましたが、そこからはたいして戻る事ができませんでした。

結果、本日は900円以上下げる、暴落となりました。



2月相場は急落となる、メインシナリオがどうも優勢になっている感じ

20160209

今日の日経平均の日中安値は16025円だったので、1/21につけた16017円の安値をギリギリ保ったという感じでした。

一方でTOPIXは、日中安値は1299だったので、1/21につけた1301の安値を割り込んできました。

そして夜間取引に入ってから、日経平均先物は一時15840円をつける等、16000円台を割り込んできています。

昨日の記事「 日経平均はここから一気に16000円を割れてくるのか?それとも‥‥」で、「もしかすると16000円はまだすぐには割れないというサブシナリオもあるかもしれない」という事を書いたのですが、今日の段階で16000円スレスレまで下がってきてしまったので、この動きからするとこのシナリオはいきなり無さそうな感じになってきてしまいました。

なお、サブシナリオがないとなると、メインシナリオが主になってくるのですが、メインシナリオの場合は、今日の暴落が下げの終点ではなく、ここから下げがきつくなるので、2月相場は急落という事になります。

なんとなく、メインシナリオの実現可能性が高くなりつつある今日この頃ですが、今晩のNY市場を経て、明日の日中の相場で、1/9の記事「日経平均の安値は16000円では止まらない可能性も」(今からちょうど1ヶ月前に書いた記事になります)で書いたような日経平均16000円割れが実現するのかどうか、まずは見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする