いずれ安値割れとなると思うので、ショートを建てる戦略は有効と考えるが……

今日の日経平均は、▲229円の15967円と反落。

売買代金は、前日より減少して2.2兆円台でした。

本日は下落してスタートし、寄付きでつけた16050円が日中の高値となりました。

そこから下げ幅を広げる展開となり、13時15分に前日比400円近く安い15799円まで売られる局面がありました。

その後は一転して下げ幅を縮め、200円程度安い水準でのクローズとなりました。

スポンサーリンク

仮にショートで仕掛ける場合は、今回の戻り方向を見極めてから考えるスタンスが無難

20160219

昨日のNYは、それほど大きな下げではなかったのですが、日本市場は日経平均、TOPIXともに売られ、1.4%程度下げる動きとなりました。

一昨日の日経平均は218円安で、昨日は360円高、そして今日は229円安と、日々のブレがある中で、ここ最近は一進一退の動きとなっています。

本日夜間で、日経平均先物が一時15810円をつけるなど、やや安い動きとなっていますが、今の所、海外市場の動きからは、下げに転換するというような気配はまだ見られません。

よって、現状では、日経平均は14865(2/12)からリバウンドの流れが今のところ続いているという見方をとっております。

ただし、2/15の記事「今日の日経平均は急騰!しかし、底値はまだつけていない」でも書きましたように、今回の下落波動の底値はまだつけていないと見ていますので、この戻りの局面でショートを仕掛けるという戦略は有効と考えています。

しかし、まだ戻りが続くという可能性も考えられるので、今のタイミングですぐにそれを仕掛けるというのは、ちょっと早いのではないかと考えております。

今回の下落相場では、少なくとも日経平均の安値は、1/10の記事「修正後の日経平均の安値予想は14000円」で書いたように、14000円あたりまでは行くと思っています。

よって、このタイミングでショートを仕掛ければ、最終的にはプラスになる可能性は高いと思っています。

ただ、戻りが暫く続く可能性も想定されるので、仮にショートを仕掛けるのであれば、海外市場を含めて、今回の戻り地合いが転換しそうな気配が見られたタイミングで仕掛けを考える、というスタンスが望ましいのではないかと思っております。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする