日経平均が10/9の戻り高値を抜ける事ができるか否が、当面のポイント

今日の日経平均は、▲160円の18131円と反落。
売買代金は、前日より減少し、1.9兆円台と2兆円割れでした。

本日は下落してスタートし、10時過ぎに日経平均は18078円の安値をつけました。

その後は切り返し、後場寄り後に前日比プラスのところまで戻る場面もあったのですが、そこから再び失速し、160円安での引けとなりました。



日経平均は10/9の戻り高値を抜ける事ができるか?

20151019

先週後半の地合いを引き継ぎ、今日は上げてくるかと思ったのですが、あにはからんや、下落でした。

本日下落したことで、金曜日に上げに転じていた5日線は18190⇒18129円と再び下げてきました。

取りあえず現時点では、16901(9/29)からリバウンド局面が続いており、いずれ10/9につけた18438円の戻り高値を抜けてくると見ています。

よって、今日の下げは、先週木曜日から金曜日にかけて、日経平均は18170~18238円までマドを空けてきているので、それを埋める下げと一応考えています。

しかしながら、10/9につけた18438円を抜ける事ができずに反落に転じ、10/15につけた直近の安値17758円を下回ってくると、16901(9/29)からのリバウンドは早くも18438(10/9)で終了した、という見方が有力になってきます。

そうなると、昨日の記事で書きました見方(※)を一部マイナーチェンジする必要が出てきます。

(※)20946(8/11)からの16901(9/29)までが下げのa波で、16901(9/29) から戻りのb波をやっているとする見方。

なお、修正する必要があるとした場合の見方は、20946(8/11)からの下落a波は未だ進行中で、割と近いタイミングで16901(9/29)を再び割れてくる、というものになります。

しかし、今のところは、下げに転じるとした場合、先導を担うと考えられる海外市場がまだ落ち着いた状態となっているため、上記の見方を修正する必要はないと考えています。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする