今日の日経平均は戻り高値を大きく更新。戻り地合いはまだ継続中

今日の日経平均は、+661円の16746円と続伸。

売買代金は、前日より増加して2.5兆円台でした。

本日は昨日のNYの大幅高を受けて、高寄りしてスタート。

日中の安値は寄り後につけた16388円で、その後も一貫して上昇する展開に。

その後、13時44分に16815円まで上げた後は高値圏でもみ合いとなりましたが、最終的には661円高と、2/16以来の大きな上げ幅となって、日中のほぼ高値圏で取引を終えるかたちとなりました。



今日、マドを空けて揉み合い相場を上に抜けてきたので、暫く強い動きが続く可能性は高いのでは?

20160302

昨日の記事「揉み合い相場が継続中。次に動きが出るのを待つところ」で、「揉み合い相場はどこまで続くのかわからない」でも、「揉み合いの期間が長ければ長いほど、揉み合いを抜けた後の動きは、それを抜けた方向に短期間で急に動く傾向もあるので、その点は少し留意しておいた方が良いかと思っております」と書いたのですが、今日、早くも大幅高で揉み合いを上に抜けてくる動きとなりました。

今日の日経平均の高値は16815円なので、2/26につけた戻り高値16472円を大きく上回ってきました。

今日、2週間程度続いた揉み合い相場をマドを空けて上に抜けてきましたので、ここから暫く戻り地合いが続くという事になるかと思います。

なお、現状、この戻り地合いは、2/26の記事「3月半ばあたりまで日経平均の戻り基調は継続か?」で書きましたように、3月の中旬ぐらいまで続くと考えています。

この場合、日経平均の戻りのメドは、今日16815円まで上げてきていますので、17000~17500円あたりまで行くのではないかと予想されます。

なお、日経平均は、昨年8/11の高値20946円から下落する動きが続いているのですが、その間、最長のリバウンドの上昇幅は、16901(9/29)から20012(12/1)までの3111円(※1)となっています。

現在、14865(2/12)の安値からリバウンドの上げが続いているのですが、仮に(※1)の上げ幅と同程度の上げがあるとすると、その場合の上値メドは18000円程度という事になります。

現状ではそこまでの戻りはちょっと難しいのではないかと考えているのですが、今回の戻りが上記で書きました17000~17500円でも止まらない場合は、18000円程度まで戻るという可能性もあるのかもしれないです。

取りあえず、どこまで戻れるのか、見て行くところになります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする