日経平均は3日続伸。17000~17500円あたりが当面の目標ライン

今日の日経平均は、+213円の16960円と3日続伸。

売買代金は、前日とほぼ同水準の2.5兆円台でした。

本日は小安い水準でスタートした後は、上値追いの展開に。

10時過ぎまで一本調子で上がった後は、やや頭打ちの動きとなったのですが、引けにかけて再度盛り返し、日中の高値圏で引ける高値引けで本日の取引を終えました。

今日は昨日大幅高となった勢いが継続し、17000円の大台まであと少しのところまで上げてきました。

日経平均は、14865(2/12)の安値から戻り歩調にあるのですが、この動きをブレイクダウンすると、次のような感じになるのではないかと考えています。



3月半ば辺りまで戻りが続いたとして、そこからどう動いてくるのかが当面の注目点

20160303

1波(上げ)   : 14865(2/12) ⇒ 16341(2/16)

2波(もみ合い): 16341(2/16) ⇒ 15857(3/1)

3波(上げ)   : 15857(3/1)  ⇒ 現在進行中

1波の上げ幅が1476円なので、3波の上げの目安としては、15857(3/1) から1波の上げ幅と同程度上げる、17300~17400円辺りが想定されるのではないかと考えております。

昨日の記事「今日の日経平均は戻り高値を大きく更新。戻り地合いはまだ継続中」で、「日経平均の戻りのメドは、17000~17500円あたりまで行くのではないかと予想されます」と書いたのですが、 その元になる考え方は、上記で記載したようなものになります。

一応現状では、上記で記載したような水準に近いところまで上げた後は、そこから一服となるのではないかと考えています。

なお、取りあえず今の感じで動いてくると、来週から再来週の3月半ば近辺(※1)にかけて17000~17500円あたりまで戻りが進行しそうな感じもします。

よって、仮にそのタイミングでそこまで戻ったとして、果たしてそこからどう動いてくるのか(※2)がという点が、当面の注目点になってくるように思われます。

(※1)3月半ば近辺というのは、2/26の記事「3月半ばあたりまで日経平均の戻り基調は継続か?」でも書きましたように、戻りのポイントとして当面注目しているポイント。

(※2)今の段階での動き方のイメージとして、想定しているパターンは以下の通り。

①3波の戻り高値をつけた後、2波の動きで見られたような、あまり大きく下げないという動きになる。

⇒ この場合は、更に戻りが上値追いとなる可能性が高くなる。

②3波の戻り高値をつけた後、しばし、上値が伸びない動きが続いた後、ある日突然、大きく下げてくる。

⇒ この場合は、3波の高値が14865(2/12)からのリバウンドの戻り高値となり、以降は下げ波動が再開となる。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする