日経平均がここから戻り高値を抜けたとしても、徐々に戻り売りスタンスを優先していく局面になるか

今日の日経平均は、+86円の16938円と続伸。

売買代金は、メジャーSQのため、前日より増加して3.0兆円台でした。

本日は前日より200円程度下落して安寄りスタートしました。

寄り後の9時12分には16575円まで下げる場面がありましたが、そこからは一転して戻る展開に。

後場に入ってからも戻り方向の動きが続き、13時48分には17015円の日中高値をつけました。

そこからは伸び悩む展開となり、86円高で日中の取引を終えました。

スポンサーリンク

今日の動きを見る限り、戻りはまだ継続だが、徐々に戻り売りスタンスを優先していく局面に入ってくるか

20160311

今日は寄付きの段階で昨日の安値16713円を下回って始まりましたので、このまま16494(3/9)の安値を割り込んでくるのではないかと思いました。

しかし、安値は16575円までで、そこから切り返して最終的にプラスで引けたので、まだ戻り地合いは継続と見られます。

なお、夜間では日経平均先物が一時16980円(配当落ちがあるので、先物は日経平均より100円弱安い)をつけてきているので、このまま行くと来週日経平均は17042(3/4)の戻り高値を抜けてくるのかもしれません。

その場合、日経平均の戻り基調はまだ継続ということになるのですが、これからの戻り余地という面で考えると、徐々に少なくなってくるという事になります。

よって、仮にここから17042(3/4)の戻り高値を抜けてきたとしても、そこからは徐々に戻り売りのスタンスを強めていく、という感じでみておいた方が無難かと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする