今は次の動きが出てくるのを待つところ

今日の日経平均は、▲47円の17000円と反落。

売買代金は、前日より減少して1.7兆円台でした。

本日は前日より高く始まり、寄り直後の9時5分に17142円の高値をつけました。

しかしそこからは徐々に売りに押され、後場に入ってからはマイナス圏内での推移となり、14時33分には16964円まで下落しました。

その後は多少持ち直したのですが、プラス圏まで浮上できず、小幅安でクローズとなりました。

スポンサーリンク

しばらく戻り高値を抜けていない日経平均は、明日戻り高値をとってこれるのか?

昨日の記事で「今日の戻り高値である17107円を明日以降抜けてくると、14865(2/12)からのリバウンド相場は継続となる可能性は高くなると思います」と書いたのですが、今日、寄り直後に一時17142円の高値をつけてきました。

しかしそこからは息切れとなり、結局マイナスとなってしまったので、今日の動きを見る限りではリバウンド継続となるかどうか、ちょっと微妙な感じです。

なお、17291(3/14)の高値をつけてから、今日で7日目(両端入れ)となりました。

これまでの動きで、戻り相場が継続となっているケースをみると、だいたい8日目ぐらいまでに直近の戻り高値を抜け、戻り相場継続となるケースが多いような感じがします。

明日で直近で戻り高値をつけてから8日目となりますので、目先的には明日、17291(3/14)の高値を抜けてこれるかどうかを、まずは見て行くところになるかと思われます。

ドル円は先週の安値割れ後は戻り方向に

ドル円は先週の3/17に110円65銭まで下げて、2/11につけた110円98銭の安値を割れてきました。

しかしそこからドル高方向に戻す方向にあります。

本日も夜間に入り、一時112円89銭をつける等、戻り方向にあります。

先週110円98銭の安値を割り込んできたので、一時的に戻す場面があったとしてもここからは円高方向に振れると考えていたのですが、今のところ、そうはなっていません。

どうもよくわからない動きとなっているのですが、NY市場が堅調に推移する中、ドル円は先週辺りまでその動きには連動せず、冴えない動きとなっていましたので、ここにきてのドル高の動きは、その出遅れを取り戻す動きとなっているように見えなくもありません。

日経平均もここのところ動きは、やや方向感がわかりづらい動きとなっているのですが、ドル円の動きもややわかりづらいものとなっています。

なお、現在は3月期末を来週に控えた時期になりますので、もしかすると、今の動きは期末を意識したものになるのかもしれません。

仮にそうであるならば、このような方向感が見えづらい動きは、3月いっぱいまで続くことになり、次の動きが出始めるのは、4月以降という事になるのかもしれません。

ここのところ、どうもすっきりしない動きが続いているのですが、動きが大きくなる局面がそのうちにまた出てくると思いますので、今は焦らず、次の動きが出てくるのを待つところになるのかと思われます。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする