日経平均は昨日に引き続き、2日連続でマド空きでの上昇

今日の日経平均は、+529円の16911円と3日続伸。

売買代金は、前日より増加して2.6兆円でした。

本日は昨日のNY高や円安進行等を受けて、昨日と同様、マドを空けて上昇して寄り付きました。

そして寄り直後の9時2分につけた16602円が日中の安値となり、その後はほぼ一貫して上げる展開となり、日中の高値圏でクローズするかたちとなりました。

スポンサーリンク

目先的には一服となるかもしれないが‥‥

今日も昨日と同じような展開となり、マドを空けて寄り付き、そのマドを埋めることなく上昇して高値圏で取引を終えるかたちとなりました。

これで昨日、今日と、2日続けてマド空きでの上げとなりました。

昨日の上げが452円で、今日の上げが529円なので、2日間で1000円近く上げてきたことになります。

今までNY市場の動きが堅調だったのに対して、日本株はそれに追随できず軟調な推移だったので、この2日間の急騰はNY市場の動きに出遅れていた動きを取り戻すために上げてきたと見るのが妥当ではないかと考えています。

ただ、2日間で急騰したことで、5日線とのかい離はこれまでのマイナスかい離から一転して+4.66%となり、短期的にはちょっとスピードが出過ぎという感じになっています。

夜間に入ってから日経平均先物も一時16700円をつける等安くなっているので、さすがに目先的には一服となるのかと思われます。

17905(2/1)と17291(3/14)の戻り高値を結んだラインを超えてこれるか否かが目先的なポイント

しかし、今日、16911円まで上げてきた事で、昨日の記事「日経平均はマド空けで大きく上昇。ここから暫く戻り優勢となる可能性が高まる」でも書いたことになるのですが、3/18につけた安値16613円を日経平均は超えてきました。

これにより、これも昨日の記事で書いたことになるのですが、以下のような見方が優勢になってきたと思われます。

①14865(2/12)からの戻り波動が継続中で、この戻り波動はA-B-Cの3波構成での戻りとなる。

②15471(4/8)からC波の戻りに入っており、この場合の戻りは、戻りA波(上げ)の高値17291(3/14)を超えてくる可能性がある。

仮にこの見方が正しい場合、一時的に下押ししても、暫くは戻り優位になると思われます。

なお、17905(2/1)と17291(3/14)の戻り高値を結んだラインが16800~16900円辺りに位置していますので、上記②で書きましたように、今後戻りA波(上げ)の高値17291(3/14)を超えてくるためには、目先的にこのラインを超えてくる必要があります。

というわけで、この水準を超えられるかどうかが、目先的なポイントになってくると考えられます。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする