4月最終週に向けて戻り地合いとなるが、それ以降は下落転換となるか?

昨日のNY市場は、NYダウ、sp500、ナスダックともに、小幅ながら下落でした。

これを受けて、シカゴの日経平均先物は、昨日の日経平均の引け値より200円程度安い水準で引けていますので、週明けは売り先行でスタートしそうな感じです。

ただ、4/13の記事「日経平均はマド空けで大きく上昇。ここから暫く戻り優勢となる可能性が高まる」でも書きましたように、暫く戻り地合いになると考えていますので、まだここでは戻り転換とはならないのではないかと思います。

なお、昨年の12月あたりから、日銀会合の開催時期にかけて戻り、その結果が出た前後に戻りがピークを打ち、そこから下げに転じるというパターンが繰り返されているので、今回もこのパターンが踏襲される可能性があるのではないかと考えています。

今月は、日銀会合が4月最終週にありますので、このあたりまでは戻りの地合いが続き、その後は地合いが変化する可能性がある、というのが現状における見方になります。

スポンサーリンク

今回も日銀会合前後で、戻り転換となるパターンとなるのか?

以下の表は、昨年12月以降の日銀会合の日付と、その前後で日経平均が戻り高値をつけた時期を整理したものになります。

①日銀会合の日付 ②日経平均の戻り高値 ③ ②の戻り高値をつけた日付
 2015年12月18日  19869円  2015年12月18日
 2016年1月29日  17905円  2016年2月1日
 2016年3月15日  17291円  2016年3月14日

これをみてわかるように、昨年12月から、日銀会合の開催時期にかけて戻り、その結果が出た前後に戻りがピークを打つというパターンが繰り返されています。

従いまして、今回もこのパターンが踏襲される可能性を一応、念頭に置いておいた方が良いのではないかと思っています。

なお、4/6の記事「日経平均は7日続落。4月最終週あたりまでは下値を切り下げる展開が続きそう」では、「4月最終週あたりまで、途中で多少の戻りは入れるものの、下げ優位で日経平均の下値が切り下がる動きが続くと考えております」と書いたのですが、日経平均は4/8の15471円の安値以降戻り地合いにありますので、この見方は次の通り修正しています。

トレンドが転換する可能性がある時期として、4月最終週という見方は変更していないのですが、「4月最終週に向けて戻り歩調となるものの、それ以降は下落に転じる」というのが、現状における今後の動き方に関する見方となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする