来週までは今の流れが継続しそう

今日の日経平均は、▲118円の18436円と反落。

売買代金は、前日より減少し、1.9兆円台と,再び2兆円割れとなりました。

本日は下落してスタートしたのですが、9時半過ぎに18579円まで上がり、一時はプラス圏内に浮上しました。

その後、後場に入ってから売られる展開となり、マイナスでの引けとなりました。

スポンサーリンク

日経平均は一時小休止の展開

20151022

昨日は16901(9/29)の安値以降の戻り高値を久しぶりに抜けてくる動きとなったのですが、今日は一旦小休止となりました。

日経平均は今日は下落となったのですが、今のところトレンドが転換するような兆しはまだ見えていません。

仮に変調をきたすとした場合、その前兆は外部環境に現れると思いますので、海外指標の動きは特に注意しているのですが、昨日、上海指数が3%程度のマイナスと、久しぶりにやや大きく下落していたので、今日どう動いてくるのか、注目していました。

が、本日は1.47%の上昇でした。

これで明日もまた上げてくるようだと、上海指数に変調の兆しが見られるという事にはならないので、警戒レベルを引き上げるという段階にはまだ至らないという事になります。

この点でいうと、WTI原油先物は、10/9に50ドル超えの戻り高値をつけた後、昨日一時45ドル割れとなる等、他の指数と比べてやや軟調な動きになっています。

WTI原油先物は、今日は上げてきているのですが、再び下落して、昨日の安値(44.86)を割れてくると、ちょっとおかしな動きになっているという感じになりますので、やや注意して見ておくところかと考えております。

なお、日本株については、ドル円が反発している他、先ほど始まったNY市場が上昇している事等もあり、夜間市場で日経平均先物は一時18790円をつけるところまで上げています。

このまま行くと、明日は上昇となり、日経平均は昨日つけた高値18605円を抜けてきそうです。

このような感じなので、来週までは16901(9/29)からのリバウンドの動きが継続しそうな感じです。

このリバウンドの動きが継続し、そして来週、重要イベントを迎えますので、そこでが一つの転機を迎えるのかどうか、要注目という事になるかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする