日経平均は3日ぶりに2万円の大台を回復だが、地合いとしては強いような感じがしない

日経平均チャート

今日の日経平均は+151円の20080円で引け、3日ぶりに大台回復。

本日は20070円で高く始まった後、9時25分に20023円まで下落。

そこから反転し、12時43分に20127円まで上げ、以降はダレル展開でした。

引け値は20080円なので、寄り値にほぼ近い水準で引ける形となりました。

なお、先週金曜日の日中高値が19979円なので、今日は40~50円程度、前日よりもマドを空けて上げる形となりました。

また、今日の上げで5日線(今日の段階で20023円)を上回り、25日線(同、20038円)も上回る形となっています。

今日はドル高が引き続き進行し、ドル円は一時114円30銭程度をつける所まで上げてきています。

日経平均は先週木曜日、金曜日と続落だったのですが、このドル高の流れを受けて買われる展開となり、3日ぶりに反発となりました。

スポンサーリンク

ドルは戻り基調にあるので、地合いが良ければもっと買われてもおかしくないと思うが‥‥

日経平均は、20318(6/20)の高値から、19856(7/7)まで下落した後、本日、マドを空けて反発となっています。

なお、6/20から7/7まで下落する中でマドを空けて上げるという場面はありませんでした。

が、今日はマド空けで上昇となり、また、5日線と25日線ともに上回る展開となっています。

アメリカの長期金利が上昇傾向となり、それに伴いドルも買われる動きとなっているので、

日経平均は20318(6/20)から19856(7/7)までの下げ(下げ幅462円)でミニ調整を終え、以降は反転トレンドに入ったと見る見方もあると思います。

ただ、売買代金は2.0兆円台で、ドル高進行の割には商いは今一つ盛り上がりにかけています。

また、ここからもしも買われるとしたら、バリュー株の代表格である、三菱UFJあたりが買われてくるのではないかと思うのですが、今日の同株は小幅に反落となっています。

ドルが戻り歩調にあるので、従来よりも外部環境は改善していると思うのですが、どうもそれを素直に好感して上げるという地合いにはなっていないような感じがします。

という訳で、現在は売りのサインが明確に出ているという状況にはないのですが、何か不自然な所があるように感じます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする