日経平均の日足チャートで再びアイランドリバーサルが発生。目先底打ちとなった可能性も

日経平均チャート

今日の日経平均は、地政学的リスクが後退したという見方が広がり、+143円の19506円と3日ぶりに反発。

売買代金は前日よりも増加して2.2兆円台となり、8日ぶりに2兆円を超えてきました。

本日は昨日のNYが高かった事やドル円の上昇を受けて、19480円と高寄りしてスタート。

寄り後の9時9分に19435円まで一旦押し戻された後は、上げ方向に動き、14時9分には19538円をつけるところまで上昇。

そこから引けにかけては、やや伸び悩みとなり、19506円で引けるという動きになりました。

なお、昨日の日中高値が19371円だったのに対して、今日の日中安値は19435円だったので、今日は60円弱マドを空けて上げる形に。

昨日は50円程度マドを空けて下げる動きだったのですが、今日は一転してマドを空けて上げる形となりました。



前回、アイランドリバーサルが発生した時よりも今回の方が、トレンド転換となった可能性は高いような感じがする

昨日、マド空けで下がり、今日は一転してマドを空けて上がるという形になったので、日足チャートの形状としては、アイランドリバーサルの形状になったという事になります。

アイランドリバーサルは、トレンド転換を示唆するものとなる場合があるのですが、

直近では8/15「マド空けの上げでアイランドリバーサルが発生。目先昨日の安値で底を入れたか?」に同様の形状が出現しています。

ただ、この時は、その3日後の8/18に8/14につけた安値19486円を割り込んだので、調整継続でトレンド転換とはならずでした。

今回も前回と同様に、トレンド転換を示唆するものとはならない可能性もあるのですが、ただ、今回は以下のような点からトレンド転換となった可能性が前回よりは高いのではないかと考えます。

①今日の高値は19538円まであり、8/28の高値19535円を一時上回る形となり、かつ、引け値で5日線を超えてきている

②ドル円が今の時点で、110円40銭程度をつける所まで戻してきている

③昨日の安値19280円で、一旦200日線(昨日の時点で19321円)を割り込んだものの、切り返してきている

なお、日経平均は20318(6/20)の高値から下落方向にあるのですが、ここまで当ブログでは、

8/24の記事「見送り材料に事欠かない状況にあるが、その割には下落の幅は小さいような感じがする」

や、8/28の記事「 イベント通過後も日経平均は軟調だが、これはあくまでも「調整」の動きで、ここから急落する動きの前触れではないと考える 」

で書いたように、下落方向にあるものの、地合いとしてはそれほど弱くはないので、今の動きは急落や暴落の前触れではなく、あくまでも「調整」の動きと考える、としてきました。

今日の動き方をみると、底打ちの兆しが出てきたような感じもするので、ここからはより注意して動向をウォッチしていく所になるかと考えます。

(※)日経平均が上昇すると考えた場合、従来は大阪取引所に上場している日経平均先物を買うというケースが多かったのですが、今は以下の記事でも書いたように、日経平均先物を買うならば、くりっく株365で買った方が良いと考えています。

なお、くりっく株365では、岡三オンライン証券 くりっく株365が、取引枚数に応じたキャッシュバックをするキャンペーンを実施しています。

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする