日経平均はマド空けの上昇で2017年高値を更新。当面の間、買い有利の強い地合いが続くと想定

日経平均チャート

連休明けの東京市場は、NY株高や為替が円安基調で推移している事などをうけ、大きく上昇となりました。

日経平均は20128円で寄り付き、いきなり2万円台回復でスタート。

その後の日中安値は20122円で、それ以降はほぼ一本調子で上げる形となり、今日は終始買い優勢の展開に。

引け間際の14時56分に20320円まで上昇し、最終的には+389円の20299円と、日中のほぼ高値で終了する形になりました。

なお、先週金曜日の日中高値が19933円に対して、今日の日中安値は20122円だったので、今日は200円近くマドを空けて上げる形となりました。

先週も9/11~12にかけて、150円程度マドを空けて上げるという動きはありましたが、今日はその時よりもマド空けの幅は大きい形に。

また、本日の売買代金は前日よりも大きく上昇し、3.1兆円台でした。

直近で売買代金が3兆円を超えたのは、6/16に3.19兆円となって以来となるので、約3か月ぶりに3兆円台回復となりました。



日経平均は約3か月ぶりに新値更新

日経平均は6/20に20318円の高値をつけてから、19239(9/8)の安値まで、下値を切り下げる動きが継続してきました。

その後、19239(9/8)の安値から反転開始となっているのですが、反転開始当初の段階では、これは売り方の買い戻し主体の上昇で、買いの持続性はないとする見方も多かったように思われます。

しかし、当ブログでは、19239(9/8)の安値の翌営業日の9/11の記事から、調整局面終了となる可能性もあるという事で記事を書いてきました。

9/8の記事「ドル円は108円割れ。日経平均も安値更新だが、地合いとしてはそれほど悪くないという感じがする

9/11の記事「日経平均は9/1につけた19735円の戻り高値を超えてくると、調整局面が転換となる可能性が強くなる

9/12の記事「日経平均は2日連続でマド空けで上昇で9/1の高値を抜ける。調整局面終了か?」

9/13の記事「日経平均は3日続伸で、三空での上げが示現。ここでのシグナルは「売り」ではなく「買い」のシグナルとなるのではないか

9/14の記事「徐々に買い有利と見れる動きが出つつあるので、トレンドは下方向から上へ、転換する動きか

9/15の記事「日経平均はここから20318(6/20)の高値を抜け、21,000~22,000円あたりを目指す展開となるか

で、本日、一時20320円まで上昇したことで、6/20につけた20318円の高値を抜けてきました。

これにより、20318(6/20)から19239(9/8)まで、2か月半近く続いた調整局面は終了となりました。

20318(6/20)の高値を一時的に抜けた所で上昇が止まり、ダブルトップに近い形状になるパターンもあるのですが、本日、商いを伴って新値抜けとなったことで、そうなる可能性は低く、19239(9/8)から新たな上昇波動が開始したとする見方が有力と考えます。

19239(9/8)の安値から本日まで、まだわずか7営業日(両端入れ)しか経過していない中、先週から急速に戻す動きとなっているため、上げの勢いが途中で止まるという可能性も考えられます。

しかし、安値からまだ7営業日しか経過していないので、上げの勢いが止まった所から再度下落トレンドに戻る動きになるとは考えづらく、当面の間、買い有利の地合いは継続すると考えます。

(※)日経平均が上昇すると考えた場合、従来は大阪取引所に上場している日経平均先物を買うというケースが多かったのですが、今は以下の記事でも書いたように、日経平均先物を買うならば、くりっく株365で買った方が良いと考えています。

なお、くりっく株365では、岡三オンライン証券 くりっく株365が、取引枚数に応じたキャッシュバックをするキャンペーンを実施しています。

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする