上げのスピードが速すぎれば、短期的にスピード調整の動きが入るかもしれないが、今回の上げ相場は中期的に継続するという見方

日経平均チャート

今日の日経平均は、前日の米国株安や円安基調の一服を受けて、21897円と100円程度安くスタート。

寄り後の9時5分には21840円まで下落しました。

しかしそこからは押し目買いが入り、切り返す方向に。

後場入り後の13時57分には22020円まで浮上し、前日比でプラスになる場面もありました。

その後は日中の高値圏でもみ合いとなりましたが、引けは▲0.06円の22011円と、小幅ながらも下げて終わるかたちとなりました。

昨日まで日経平均は3日続伸だったのですが、今日は4日ぶりに下落でした。

なお、日経平均の下落率はほぼ0%に近かったのですが、TOPIXの同率は▲0.28%で、TOPIXの方がやや下げたという感じの動き方でした。

ただ、売買代金は前日よりも減少となりましたが、3.5兆円台で、商いは活発でした。

19239円(9/8)の安値から始まった上昇相場の中で、最も商いが膨らんだのは昨日の4兆円台でしたが、昨日はTOPIX浮動株比率変更に伴うリバランスの影響等、特殊要因もあって売買代金が増加したという面がありました。

これを除くと、今日は9/8の安値からの上げの中では最も売買代金が膨らんだ1日となりました。



フォロー要因が時を経過するにつれて増えるという感じになっている

なお、これまでの記事で何度も書いてきているように、今回の上げ相場は強いと見ていますので、スタンスとしては当面強気と考えています。

(上げのスピードが速すぎれば、短期的にスピード調整の動きが入るとは思いますが、中期的には上げ方向と考えます)

一応、そのように考える背景は次の通りで、フォロー要因が時を経過するにつれて増えるという感じになっています。

①9/11~13にかけて、上げの初期の段階で三空の上げ(※)が示現している。

9/13「日経平均は3日続伸で、三空での上げが示現。ここでのシグナルは「売り」ではなく「買い」のシグナルとなるのではないか

(※)以下の記事で書いたように、相場が若い時(上げの初期)に出た、三空の上げは「買い」という見方をしています。

相場格言「三空踏み上げには売り向かえ」は、売りなのか、それとも買いなのか?」

②10/12にアベノミクス相場以降の高値を2年数ヶ月ぶりに更新している。

10/12「日経平均、TOPIXともにアベノミクス相場以降のザラ場高値を2年数か月ぶりに更新

③10/23に、日経平均の連騰記録の記録を更新している。

10/23「日経平均は15連騰! 続伸記録はついに歴代最長記録を更新!!

④売買代金3兆円超えが最近わりとよく出るようになってきており、全般的に相場に盛り上がりが出てきている。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする