日柄的な面での調整の動きは早ければそろそろ終わり、再度上げトレンドに回帰する動きとなるタイミングが近づいているような感じもする

日経平均チャート

本日は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備を進めているとの報道を受け、外為市場でドル安/円高が進行。

これをうけて日経平均も売られ、9時46分に22363円まで売られ、前日よりも130円程度安くなる場面もありました。

しかし、そこから買いなおされて11時に22580円まで上げ、プラス圏内に浮上しました。

ただ、それ以降、買いは続かず、最終的に▲9円の22486円で引けました。

日経平均は昨日に続いてマイナスで続落となりました。

売買代金は前日よりも増加して2.6兆円台でした。

本日も方向感がはっきりしない感じの1日でした。

ただ、日中の高値が22580円であるのに対して、同安値が22363円で、引け値が22486円だったので、日中の値幅の中間に近い所で引けたという感じになります。

また、本日は寄り値が22474円に対して、引け値が22486円だったので、日足は十字線に近い形状となっています。

その他、日経平均が高値をつけた23382(11/9)から本日で、経過日柄は13日(両端入れ)となっており、日柄面での調整はそこそこいい所まで進んできているような感じもします。



値幅面の調整は21972(11/16)の安値で終わり、以降は日柄面の調整が進行中とみているが

23382(11/9)の高値をつけてから、ここまでの日経平均の動きを整理すると、

①21972(11/16)まで、6日(両端入れ)で▲1410円下げたことで、値幅面の調整が進んだ。

②それ以降は日柄面での調整のため、レンジ圏内で保ち合うという動きとなっている。

という感じかと思います。

なお、当ブログでは、11/16の記事「11/9の高値以降続いた調整は、今日の日中安値で終わった可能性もある 」で、21972(11/16)の安値で値幅面での調整は終わったのではないかという記事を書きました。

また、日柄的な面での調整は、~12月の第2週あたりで一巡するのではないかという見方を11/20の記事「 日経平均は反落で調整継続中だが、日柄調整は今週~12月の第2週あたりで一巡するのではないか 」で書いております。

23382(11/9)の高値をつけてから本日まで、調整の動きが続くという形になっているのですが、ここまでの動き方をみますと、日柄的な面での調整の動きは早ければそろそろ終わるのではないかという感じもします。

日柄的な面での調整の動きが終われば、再度上げトレンドに回帰する動きになると思われるので、どのタイミングで調整から再度上げトレンドに回帰する動きとなるのか、注意して見て行きたいと思います。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする