日経平均は来週以降、年末に向けて23382(11/9)でつけた高値を取りに行く動きに回帰していくのではないか

日経平均チャート

昨日のNY市場は、NYダウは上昇で終わったのですが、ナスダックは下落して終了。

この流れが波及して、今日は、朝方から半導体・ハイテク関連銘柄に幅広く売りが先行。

日経平均は22595円で寄り付き、前日よりも100円以上安い水準でスタートしました。

その後、9時50分に22522円まで売られた後は切り返し、12時41分に22682円まで上げる場面もありました。

ただ、戻りは続かず、日経平均は▲84円の22622円で引けとなりました。

売買代金は、前日よりも増加して2.6兆円台でした。

本日は日経平均は続落となったのですが、金融株や内需関連株は比較的堅調だったこともあり、TOPIXは+4.1と反発となりました。

日経平均は昨日に続いて続落となりました。

ただ、21972(11/16)の安値からの動きを見ますと、25日線を下値ラインとした動きが続いており、今日も一時22522円まで下げたのですが、そこから下げ渋る動きとなっています。

今日の段階で25日線は22506円に位置しており、同線を下値として徐々に戻る方向の動きが続いているのかと思います。



今週中は週末に重要イベントを控え、やや動きがとりづらい流れが続くのかもしれない

日経平均は21972(11/16)の安値から戻る方向にあるのですが、一気に高値を狙うという動きではなく、25日線を下値として徐々に戻るという動きになっています。

これは、今週12/8(金)にメジャーSQや、米国雇用統計など、重要イベントを控えているので、やはりそこまではなかなか動きがとりづらい、という事が影響している為なのかもしれません。

ただ、12/8(金)を過ぎると、23382(11/9)の高値から、ちょうど1ヶ月を経過するタイミングとなります。

11/20の記事「日経平均は反落で調整継続中だが、日柄調整は今週~12月の第2週あたりで一巡するのではないか」でも書いたように、12月の第2週(つまり、今週)までで日柄的な面の調整の動きも一巡するのではないかと現状では見ております。

よって、来週以降になれば、重要イベントも通過することもあって、動きがとりやすくなり、年末に向けて23382(11/9)でつけた高値を取りに行く動きに回帰していくのではないかと現状では考えています。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする