日経平均は昨日の大幅安から今日は一転して反発。昨日の下落幅の7割程度を今日1日で取り返す

日経平均チャート

本日は、昨日の大幅安の反動で朝方から買い戻しが先行。

NY株や為替が穏やかな値動きとなったことも安心材料となり、日経平均は22317円と反発してスタート。

寄り値が日中安値となり、その後も買い優勢の動きが続き、引け際の14時58分に22515円まで上昇。

大引けは+320円の22498円と、日中の高値で引ける動きとなりました。

昨日は445円安で、今年最大の下げとなったのですが、今日は320円高で、昨日の下げを完全には埋めきれませんでしたが、下げ幅の72%を今日1日で切り返すという動きとなりました。

売買代金は前日よりも減少して2.8兆円台でした。

昨日、日経平均は25日線を大きく割り込む動きとなったのですが、今日の反発により、同線(今日の時点で22533円)に近い水準まで戻すという動きとなりました。

なお、日経平均は25日線をわずかに回復するに至らずだったのですが、TOPIXは1786で引け、今日の上昇により、同線(今日の時点で1783)を回復するかたちとなりました。



調整パターンとしては2段下げ以外に、トライアングル型となるパターンも想定されるが

昨日の記事「日経平均は今年最大の下げ。23382(11/9)の高値からの調整は2段下げで下げる調整パターンに」で、

「23382(11/9)の高値からの調整パターンは、2段下げのパターンになったのかと考えます」

と書いたのですが、今日の上昇により、2段下げが終了となった可能性も出てきました。

今日の時点で、日経平均の5日線は22564円で、25日線は22533円に位置しているので、ここからこれらの水準を引け値ベースで超えてくると、23382(11/9)の高値からの調整は昨日の安値で終了し、上記高値を再度取りに行く方向に回帰する動きになると考えます。

なお、ここまでの動き方は、以下のように①で下げた後、②で戻り、そこから更に③で下げるという、所謂、2段下げのパターンになっており、昨日の安値で調整が終了したとなった可能性もあると考えています。

①下げ:23382(11/9) ⇒ 21972(11/16)

②戻り:21972(11/16)⇒ 22994(12/1)

③下げ:22994(12/1) ⇒ 22119(12/6) 調整終了?

しかし、今回の調整パターンとしては、2段下げのパターンだけではなく、トライアングルのような三角保ち合いのようなパターンとなる可能性も一応、残ってはいます。

この場合は、更に④の戻りがあって、その後、更に⑤の下げがあって、初めて調整が終了するという形になります。

どちらのパターンになるかはもう少し動きを見る必要があるのですが、どちらのケースになるにせよ、調整終了となれば再度高値を取りに行く方向に回帰する動き(※)になる、とする見方は変わらずです。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする