調整局面入りとなった場合、期間は最長2月中旬までで、下値は23000~23500円あたりか?

日経平均チャート

今日は為替の円高進行を受け、主力株は総じて軟調な滑り出しでスタート。

日経平均は前日よりも200円程度安い23750円で寄り付きました。

その後、10時1分に23828円まで戻したものの、戻りはそこまでで、以降は更に下値を広げる展開に。

13時43分に23649円まで下落し、300円近く下げる場面もありました。

そこからは安値圏での動きとなり、▲271円の23669円でクローズとなりました。

売買代金は前日と同程度の2.9兆円台でした。

なお、昨日の日中安値が23890円に対して、今日の同高値は23828円だったので、前日よりも60円程度マドを空けて下げる動きとなりました。



1/23に短期的な高値をつけた可能性が強まる

今日の日経平均は、271円下落し、今年最大の下げ幅となりました。

また、今日はマドを空けて下落し、5日線の水準(今日の時点で23871円)も割れてきました。

これらの点から鑑みると、昨日の記事「日経平均はやはり、昨日短期的な高値をつけた形になるのか?」でも書いたように、1/23の24129円で短期的な高値をつけた可能性が強くなったように思われます。

この場合、1/11の記事「20週サイクルの高値を既につけたのか、それとも同高値はまだつけていないのか?」で書いた、20週サイクルの安値をここから最長2月中旬までの期間の間につけにくる動きになるかと見られます。

なお、その場合の下値としては、まずは以下の点から鑑みると、取りあえず、23500円あたりが目先的な下値ラインとなるのではないかと思われます。

①25日線の水準は、今日の時点で23424円になる。

②1/4~5にかけて、23506~23520円でマドを空けている。

ただ、為替の円高方向への動きが止まった感じはまだ見られないので、その動きに連れて、上記ラインでも止まらない場合もあるかもしれません。

その場合は、12/29~1/4にかけて空けたマドの水準(22881~23065円)を埋めにくる23000円あたりまで下値が広がる可能性も想定されます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする