一旦調整入り後は再度高値を抜いてくると見ているので、押し目は買いというスタンスは変わらず

日経平均チャート

トランプ米大統領の強いドルを望むとの発言を受け、為替が円安に振れたことが支援材料となり、序盤は買い戻しが先行。

日経平均は23757円で寄り付き、高く始まりました。

その後、9時6分には23797円まで上げましたが、高かったのはそこまで。

上昇が一服すると、そこからは円高を警戒した売りに押され、じりじりと下げる展開に。

13時32分には23592円まで下落し、結局、プラス圏は維持できないかたちとなり、▲37円の23631円で3日続落となりました。

売買代金は、本日も前日と同水準の2.9兆円台でした。

なお、日経平均は今日も下げとなり、日中安値は23592円まであり、これで、24129(1/23)からの下落幅は▲537円となりました。



ここで下げる動きは、あくまでも中期的に上げる過程の中で調整する動きに伴うもの

日経平均は19239(9/8)の安値から上げ基調が鮮明になっているのですが、

19239(9/8)から23382(11/9)まで、4143円上げた後、21972(11/16)まで▲1410円下落。

その後、21972(11/16)から24129(1/23)の高値まで、2157円上げてきている形となっています。

現状は、24129(1/23)の高値で一旦上げが止まり、暫くお休みする動きに入っているのではないかと思われます。

なお、ここで下げる動きは、あくまでも中期的に上げる過程の中で調整する動きに伴うもので、下落波動に転換したわけではない、というのが基本的な見方です。

よって、一旦上げを調整する動き(※)が入った後は、再度上げの波動が始まり、24129(1/23)の高値を次の上げの波動で抜いてくる、というのが現時点における見方となります。

なお、調整する動きに入った場合の下値や期間などは、昨日の記事「調整局面入りとなった場合、期間は最長2月中旬までで、下値は23000~23500円あたりか?」で書いた通りとなります。

(※)調整局面入りの動きがあった場合、中期的なトレンドは上と考えているので、押し目は買いと考えます。

日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする