日経平均は今日も急落だが、今日の下げはセリクラっぽい動きだったように思われるが

日経平均チャート

前日のNYダウが1175ドル安と過去最大の下げ幅を記録。

これを受けて、今日も売り先行でスタートし、日経平均は22267円で寄り付きました。

そこから売りが止まらず、13時48分には21078円まで下落。

一時1600円程度下げる場面もありました。

その後は引けにかけて下げ幅を縮めたものの、▲1071円の21610円と、1000円以上下げる急落となりました。

日経平均の下げ幅1071円は歴代17位の下げ幅で、ブレグジットで急落した2016年6月24日の1286円安以来の大幅安でした。

売買代金は前日よりも大幅に増加して5.6兆円台でした。

なお、本日の日中高値は22277円で、昨日の日中安値22659円から400円程度マドを空けて下げる動きで、マド空けでの下げは昨日に続いて2日連続となりました。

昨日の記事「日経平均は急落で、今年1番の下げ幅。NYの動きを見ながら、買い増しをするタイミングを考えていくところ 」で、

「22000円あたりが次の下値ラインで、21500円程度まではさすがに落ちることはないと思うのですが」と書いたのですが、今日はそこでも下げ止まらず、21078円まで下げる場面がありました。



今日の下げは行きすぎのように思えたので、買いを入れてみた

今日は売りが売りを呼ぶ展開となったのですが、今日の下げで、日経平均PERは13.81倍まで低下しました。

昨日の記事で、「2016年6月24日以降の動きを見た場合、日経平均PERが14倍を割れたところがほぼ安値に近い所になり、以降、反転する動きとなっています」と書いたのですが、今日の急落で同PERは14倍割れとなっています。

2016年11月9日 16251円 13.76倍

2017年8月24日 19353円 13.67倍

また、5日線とのかい離が▲5.1%まで拡大。

2016年のブレクジットおよびトランプショックで急落した時の水準に近いラインまで拡大してきております。

2016年6月24日 5日線とのかい離:▲5.8%

2016年11月9日  5日線とのかい離:▲4.0%

なお、今日の値上がり銘柄がわずか35だったのに対して、値下がり銘柄は2027で、全面安といえる商状でした。

騰落レシオも84.69まで下げてきています。

その他、今日21000円台まで一気に下げてきた事で、200日線とのかい離も、一時は16.38%まで拡大したのですが、今日の時点で3.13%まで縮小してきています。

海外市場をみても、NYダウの下げが、高値から昨日の安値までで、下落率が10.1%となっており、調整の幅としては妥当な水準に入ってきているように思われます。

以上の点から鑑みると、今日の急落はセリクラ(セリングクライマックス)で、ここが当面の下値になる可能性もあるかと考え、今日は買いを入れてみました。

さすがに今日の下げは行きすぎで、そろそろ下げ止まってもいいように思えるのですが、明日以降、マーケットはどう動いてくるでしょうか。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする