日経平均は続伸で2/19の戻り高値を更新。次は半値戻しを狙っていく所

日経平均チャート

米長期金利の低下を背景に、前週末の米国市場でNYダウが大幅高となったことが支援材料となり、今日の日経平均は22134円で始り、高寄りでスタート。

その後、9時6分に22226円まで上昇。

2/19につけた戻り高値22152円を超えてきました。

が、そこからは伸び悩み、11時10分に22040円まで下落。

以降は再度戻る動きとなったのですが、高値までは戻らず。

最終的に寄り値よりも20円程度高い22153円で取引終了となりました。

日経平均は+260円で続伸。

ただ、売買代金は2.2兆円台で、今年2番目に少ない水準でした。

なお、先週金曜日の日中高値が21903円に対して、今日の同安値は22040円だったので、前日よりも140円程度マドを空けて上げる動きとなりました。



今日は久しぶりにマドを空けての上げとなる

日経平均は24129(1/23)の高値から20950(2/14)の安値まで下げる過程で、4回マドを空けて下げる動きでした。

24129(1/23)の高値から昨日まで、マドを空けて上げるという動きはなかったのですが、今日は久しぶりにマド空けで上げとなりました。

なお、今日は20950(2/14)の安値からの戻り高値である22152(2/19)も抜けてきました。

22152(2/19)の戻り高値は、24129(1/23)の高値から20950(2/14)の安値までの下げに対する37.8%戻りの水準でした。

今日、それを超えてきたことで、次は2/19の記事「今日は値上がり銘柄が2000を超す全面高の展開。戻りが一旦止まった後、次は22500円レベルを目指す展開になるか」でも書きました、半値戻り水準の22500円辺りを目指すという事になるかと思われます。

なお、日経平均は2/6に21078円をつけた後、ザラ場ベースで22353円まで戻した後、20950(2/14)まで下げるという動きになっています。

ここから22353円を超えてきますと、調整波動から戻り波動へ転換した証左にもなりますので、目先的には注目です。

2/15の記事「 日経平均は昨日の21000円割れの安値でやはり底打ちか? 」でも書いたように、当ブログでは20950(2/14)の安値で底打ちという見方をとっているのですが、22353円を超えてくるとよりその可能性が強くなるという事になります。

日経平均の中期的なトレンドは上と考えているので、押し目は買いと考えます。

日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする