日経平均は続落だが、戻り過程の中の小休止としての下落と考える

スポンサーリンク
日経平均チャート

前日のNY市場で、米10年債利回りが約7年ぶりの水準まで上昇したことを受け、株が下落。

その流れを引き継ぐかたちで、日経平均は22730円で寄り付き、安寄りでスタート。

北朝鮮が米韓軍事演習を理由に、予定していた韓国との閣僚級会談を突然中止。

北朝鮮情勢への警戒感が強まったことや、日本の1-3月期のGDPが市場予想を下回る弱い内容となったことも相場の重しとなり、今日は終始冴えない動きが続きました。

日中安値は14時22分につけた22695円で、引けは▲100円の22717円で、続落となりました。

売買代金は前日よりも減少して2.6兆円台でした。

今日の日経平均は続落で、5日線の水準(今日の時点で22731円)をやや下回って引ける形となりました。

スポンサーリンク

けっこうよい水準まで戻してきてはいるものの、戻りの余地はまだあると考える

日経平均はここまで、20347(3/26)の安値から、昨日の日中高値22912円まで、2565円上げてきています。

しかし、昨日、今日下落して続落となったことで、3月下旬からの戻りはこの辺りで一服する形となるのでしょうか。

この点に関しては、以下のような点から、戻りの余地はまだあるのではないかと考えております。

①NY市場で、sp500は5/10から一目均衡表の雲の上限を上に抜ける形となっている。また、直近では、5/3から上げる形となっているが、そこからまだ2週間も経過していないので、戻りの日柄としてはまだ上げる余地は残っていると考えられる。

②日経平均は5/10に25日線が75日線を上回るゴールデンクロスを示現しているが、そこからまだ1週間も経過していない。

5/10「日経平均はゴールデンクロス(GC)示現となる。ただ、75日線が下降中の中でのGC示現なので、強さ的には今一つという感じ

③20347(3/26)の安値から、まだ2か月を経過していない。ざっくりと2.5か月程度の戻りはあるかと考えているので、こちらもまだ上げる余地は残っていると考えられる。

④日経平均は2/2から5にかけて空けたマド(22967~23122)を埋める所まで戻していない

以上のような点から、ここでの下落は、あくまでも戻り過程の中の小休止としての下落となるのではないかと考えます。

「守りながらふやす」ひふみ投信

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする