現在はブレグジット後の安値からの上昇波動の中の、4波目の修正波が進行中という見方

日経平均チャート

今日は、前週末の米国株の上昇を好感して買い先行でスタート。

日経平均は22536円で寄り付いた後、前引け間際の11時29分に22635円まで上昇。

100円以上高くなる場面もありました。

しかし、中国株が軟化したことや、ドル/円がやや円高気味に推移したことも嫌気され、戻り売りに押される展開になり、14時45分に22486円まで下落。

引けにかけてやや戻したものの、戻り切れずに▲17円の22507円で引けました。

売買代金は前日よりも減少して2.0兆円台。

今日の騰落銘柄は、値上がり540銘柄に対し、値下がりが1486銘柄。

また、日経平均の下落率が▲0.08%に対して、TOPIXの下落率は▲0.56%で、冴えない地合いは今日も継続でした。



4波目の修正波動終了後は5波目の上げとなり、24129円の高値(2018年1月23日)を超えてくると想定

ここの所、方向感が見えづらい動きが続いているのですが、現状の大局的な見方は、次の通りです。

日経平均はブレグジットショックで安値をつけた、2016年6月24日の14864円から上昇波動を継続しており、現在は、その中で4波目の修正波動を進行中、という見方をしています。

これをブレイクダウンすると、以下の通り。

第1波(上昇): 14864(2016/6/24)⇒19668(2017年3月2日)

第2波(修正):19668(2017年3月2日)⇒19239(2017年9月8日)

第3波(上昇): 19239(2017年9月8日)⇒24129(2018年1月23日)

第4波(修正):24129(2018年1月23日)⇒現在進行中

現在進行中の第4波は、上限を24129(2018年1月23日)、下限を20347(2018年3月26日)とした横ばいの修正波で、この第4波を更に細分化すると、以下の通り上げと下げを繰り返す5つの波に分かれ、今は、第4波の中の一番最後の波をやっている所と見ています。

4-1波(下げ):24129(2018年1月23日)⇒20347(2018年3月26日)

4-2波(上げ):20347(2018年3月26日)⇒23050(5月21日)

4-3波(下げ):23050(5月21日)⇒21462(7月5日)

4-4波(上げ):21462(7月5日)⇒22949(7月18日)

4-5波(下げ):22949(7月18日)⇒現在進行中

この4-5波がどこで終わるのか、なかなか見極めが難しいのですが、現状はそれがどこで終了となるのか、見極めている段階になります。

なお、第4波(修正)の中で上げと下げを繰り返す5つの波が終了すると、第5波の上げの波動となり、この上げの波動で24129(2018年1月23日)の高値を抜けてくる、というのが現時点で想定しているシナリオとなります。

エメラダ・エクイティ

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする