セルインメイとなる気配が濃厚になりつつあるような感じが‥‥

連休明けの今日の日経平均は、▲40円の16106円と6日続落。

売買代金は、前日より減少して2.2兆円台でした。

本日は小高く寄り付いてスタートしたのですが、寄り直後の9時1分につけた16271円が日中の高値となり、その後は売りに押される展開になりました。

そして、10時55分に前日比で150円程度安い15989円まで下げた後は、戻りを試す方向に。

引けにかけて戻り方向となったのですが、プラス圏までは戻り切れず、小幅ながらマイナスで取引を終えました。

今日の日中の安値は15989円だったので、5/2の安値水準である15975円を下回ることはありませんでした。

ただ、夜間に入ってから日経平均先物は下落方向にあり、一時15930円の安値をつけるところまで売られています。

スポンサーリンク

日経平均はゴールデンクロス示現の一歩手前で失速するかたちに

5/2の記事「日経平均は先週の木曜日に引き続き、今日も500円以上の急落」で、17613(4/25)の戻り高値から15975(5/2)の安値まで1638円下落したので、「下げの幅という面で見た場合、マド空け水準である16357~16652円を目指す展開になってもおかしくないと思います」という事を書きました。

今日は小高く始まったので、一旦反発してマド空け水準辺りまでの戻りを試す展開になるかと思ったのですが、結局高かったのは寄付きまでで、以降は下げる展開となりました。

そして今日は、日中の海外市場で、上海指数が▲2.8%の下落と、久々に下げ幅が大きくなっています。

このところの中国市場では、香港のハンセン指数は軟調な動きとなっていたのですが、上海指数は比較的堅調に推移していました。

しかし、上海指数が今日、久々に下げ幅が大きくなる動きとなったので、来週以降、4/20につけた安値2905を割り込んでくると(今日の上海指数の日中安値は2913でした)、上海指数もこの先下げ方向へ向かう可能性が高くなってきます。

日経平均のチャートも、先週の時点では、25日線が75日線を上に抜いてくるゴールデンクロスを示現しそうな形状になっていたのですが、今週に入ってから5/2に急落し、今日も続落となったことで、結局ゴールデンクロスが示現する一歩手前で失速するという形になっています。

ここまでの動きを見るかぎりでは、やはり4/29の記事「日経平均の戻り波動は終了したのか?」で書いたように、14865(2/12)からa-b-cの2段階での上げで続いてきた戻り波動が17613(4/25)で終わり、以降は年初から2月半ばにかけて見られた下落波動が再開するかたちが濃厚になってきているように思われます。

5/4の記事「今年はセルインメイ到来となるか?」で、「今年についてはセルインメイが実現する年となるのかもしれません」という記事を書いたのですが、徐々にその気配が濃厚になりつつあるような感じがしています。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする