リバウンド終了か、それとも戻り継続となるのか、目先ポイントになるところ

日経平均

今日の日経平均は、+349円の16565円と続伸。

売買代金は、前日より増加して2.4兆円台でした。

本日は上昇してスタートした後、9時27分に前日終値と同値近辺の16229円まで上げ幅を縮小しました。

しかしそこからは一転して上げ幅を広げる展開になり、14時に16587円の高値をつけました。

その後は上値が伸びない動きとなったのですが、結局日中の高値に近い水準で本日の取引を終えました。

昨日の記事「ドル円は108円を超えてドル高方向に。これを受けて日経平均も戻り継続となるのか?」で、「マド空けの水準である16357~16652円をあっさりと埋めてくるようであると、17613(4/25)から下落波動が再開したとする見方をとるのはやや苦しくなってきます」という事を書いたのですが、

今日の高値は16587円だったので、4/28から5/2にかけて空けたマドの水準である16357~16652円を一部埋めてくるかたちとなりました。

スポンサーリンク

ドル円は戻り方向にあり、NYも切り返しの方向に

日経平均の年初からの安値は14865(2/12)になるのですが、そこからの戻り高値は17613(4/25)になります。

でその戻り高値をつけてからここまでの動きをブレイクダウンすると、次の通りになります。

下落 : 17613(4/25) ⇒ 15975(5/2) 下落幅▲1638円、下落日柄5日(両端入れ)

戻り : 15975(5/2) ⇒ 16587(5/10) 戻り幅+612円、戻り日柄4日

下落に対する戻りの割合という点で見た場合、現状の戻り率は37.3%となっています。

もしも17613(4/25)から下落波動が再開しているとすると、この戻り率は、下落途中のリバウンドとしては最低限の水準をクリアしているというところになります。

そして、直近で空けたマドの水準も、今日の戻りで埋めてきています。

という事で、ここからどう動いてくるのかが目先ポイントになってくると思います。

<パターン1>

日経平均が明日も上昇となり、16652円までのマド空け水準を完全に埋めてくるようであると、戻りはまだ継続しており、先々17613(4/25)の戻り高値を抜ける方向に動いてくる可能性が高くなってきます。

<パターン2>

一方で、マド埋めに失敗し、下落に転じてくるようであると、早くも下落途中のリバウンドは終了し、15975(5/2)を割れる方向にこの先動いてくる可能性が高くなります。

取りあえず、NY市場は今晩上昇してスタートしていますので、今の感じからすると、ここからパターン1の方向で進むという可能性が高くなってきているような感じがします。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする