引き続き保ち合い相場が継続。レンジ上限か下限を抜けてきた方に相場が動いてくると想定される

日経平均

今日の日経平均は、▲81円の16654円と反落。

売買代金は、前日よりも減少して1.7兆円台でした。

本日は16671円と安寄りしてスタート。

その後は売りに押され、10時16分には16417円まで下落し、一時は300円以上下げる場面もありました。

しかし、そこからは切り返す展開となり、最終的には下げ幅を81円まで縮めて日中の取引を終えました。

ここのところ下げそうで下げない展開が続いているのですが、今日も似たような動きでした。

基本的に日経平均が15975(5/2)の安値をつけてからもみ合いの動きが続ているのですが、今日で13日目(両端入れ)となりました。

揉み合いの期間がやや長くなってきているので、そろそろ上か下か、動きが出てきてもよさそうな感じもするのですが、今日もどっちつかずの展開でいまだにここからどちらに向かうのか、はっきりしません。

スポンサーリンク

保ち合い相場のレンジ上限と下限の見方としては‥‥

5/20の記事「下げそうで下げない相場は地合いとしては強いので、ここから下落とする見方は苦しいのかもしれない」で書きましたように、下げそうで下げない相場というのは強いという見方ができるので、ここから戻り方向に向かってもおかしくありません。

国内では、夏の参議院選挙等を控えた政策発動期待というのがあるので、それを支えに戻り方向へ向かうというシナリオも考えられなくはありません。

しかしその一方で、これまで何度か書いてきておりますように、海外の市場には軟化する兆しが見えてきているので、この動きに素直に従うとすれば、下方向へ向かうという事になります。

今は、このような強い材料と弱い材料で綱引きをしている状況にあると言えます。(状況としては保ち合い相場の状態)

保ち合い相場に入った場合、一般的に保ち合いを抜けた後の動きは早くなる傾向がありますので、当面はレンジを上に抜けるのか、あるいは下に抜けるのかを注視していくところになると思います。

なお、現状ではレンジの上限と下限については、次のように見ているので、引け値ベースでどちらかを抜けてきた方向に短期的に相場は動いてくると考えています。

①レンジ上限

日経平均でみた場合 : 5/19につけた16841円、もしくは5/13につけた幻のSQの16845円

TOPIXで見た場合 : 5/11につけた1353

②レンジ下限

日経平均でみた場合 : 5/12につけた16374円

TOPIXで見た場合 : 5/12につけた1316

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする