ドル円は4/25につけた戻り高値水準に接近

日経平均

今日の日経平均は、+233円の17068円と4日続伸。

売買代金は、前日よりも減少して1.5兆円台でした。

本日は円安進行などをうけて高寄りしてスタート。

その後、寄り後の9時10分に16910円の安値をつけた後は終始上げ方向で動き、最終的に日中の高値である17068円で取引を終えました。

なお、今日の上昇で日経平均は4日続伸となり、引け値ベースで17000円の大台も超えてきました。

しかし、今日の商いは前日に引き続き薄商いで、上げてはきているものの、腰が入った買いが入って上げているという感じにはなっていません。

スポンサーリンク

目先円安優位となっても、日経平均のここからの戻り余地はそれほど大きくはないのではないか

ドル円は今日の上げで戻り高値更新となり、一時111円43銭まで上げてきています。

5/22の記事「米利上げを控え、目先ドル高方向へ動いてくる可能性も。その場合、株よりもFXが有利となるか? 」で、「今回の戻りで111円90銭を超えてくると、目先のトレンドが円安方向に変わる可能性が出てくると思います」という事を書いたのですが、ドル円はこの水準超えまであと50銭程度のところまで戻してきています。

ちょうど今のドル円の水準は75日線や、一目均衡表の雲の上限に近いところに位置していますので、ここからこの水準を力強く超えてくるようであると、目先、円安方向への動きがより優勢になる可能性もあります。

そうなりますと、株高方向での動きが暫く続きやすくなる可能性も出てきます。

しかし、今の上昇は本格的な上昇トレンドに回帰しての上げではないため、ここから暫く戻り地合いが続いたとしても、上げの余地が大きいという感じにはならないように思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする