今日の日経平均は反発だが、下落途中の自律反発で、トレンドに変化は見えず

日経平均

今日の日経平均は、+357円の15309円と反発。

売買代金は、前日よりも減少して2.3兆円台でした。

本日は15153円で寄り付き、前日よりも反発してスタートしました。

その後、9時20分に15061円まで下げたのですが、そこからは切り返す展開に。

引けにかけて上げ幅を広げ、引け間際の14時59分に日中の高値となる15323円をつけました。

大引けは15309円と、日中の高値圏で取引を終えました。



早くも自律反発終了となるか、それとも暫し横ばい圏内での動きとなるか?

金曜日の大暴落から一転して、今日は反発となりました。

本日は上げとなったのですが、金曜日に一気に下げたので、その反動で上げてきたとする見方が妥当ではないかと思います。

なお、先週の金曜日の日中高値が16389円に対して、同安値が14864円なので、この間の下げ幅は1525円になります。

この下げ幅に対して、自律反発で33%~40%ぐらい戻してもおかしくないのですが、その場合の戻り目標は15372~15474円になります。

今日の高値が15323円なので、自律反発としてもう少し戻りがあってもいいような感じもします。

ただ、夜間に入ってから日経平均先物は一時15110円をつけるところまで下げています。

よって、場合によっては早くも自律反発終了の動きとなってもおかしくありません。

しかしその一方で、金曜日が大きな陰線を描いての下げだったので、ここから暫し横ばい圏内での動きとなる可能性も考えられます。

どちらの動きになるのかは、今週の中での動きをみて判断という事になるのですが、いずれの場合にしろ、下落方向の中での動きという見方については変わらずとなります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする