明日も続伸となると、さすがに戻りのピッチが速すぎるという事になるのでは?

日経平均

今日の日経平均は、+154円の16385円と4日続伸。

売買代金は、前日よりも減少して2.4兆円台でした。

本日は16242円で寄り付き、前日より小幅上昇してスタートしました。

その後、寄り直後の9時1分につけた16229円が日中の安値となり、以降は上げ幅を広げる展開に。

引け際の14時54分に日中高値となる16398円をつけ、ほぼ日中の高値圏で取引を終えました。



勢いが止まる気配はなかなか見えないが‥‥

日経平均の今日の高値は16398円までで、昨日の高値である16444円は超えられませんでした。

しかし、夜間に入ってから円安が進行している事もあり、日経平均先物は一時16630円をつけるところまで上げていますので、このままいくと明日には16600円を超えてきそうな感じです。

ただ、日経平均が明日16600円超える水準まで上げてくると、7/8の15106円の安値からスタートした上昇は、わずか6日(日数は両端入れ)の日柄で1500円近く上げてくるという事になります。

また、一目均衡表の遅行線が急上昇しているのですが、日経平均の26日前の水準が16600円程度なので、この水準まで上がってくると、ちょうどこの水準にかぶってくるという事になります。

というわけで、当該水準まで上がってくると、さすがに一服となるのではないかと思います。

なお、今は戻りに勢いがある相場なので、こういう時はどこまで戻るのか、メドを想定するのは困難です。

ただ、このままの勢いで戻り続けるという事はないと思うので、

①どこで戻りの勢いのピッチが鈍るのか?

②そして、戻りの勢いのピッチが鈍った後の値持ちがどうなるのか?

をここからは見て行くところと考えます。

上記②で書いた、戻りの勢いのピッチが鈍った後、値持ちが良い(つまりあまり下がらない)場合は、その後、更に上値追いとなる可能性が高くなると思います。

一方で、値持ちが良くない(つまりけっこう下がってくる)場合は、戻りがピークを打った可能性を考えるかたちになるのではないかと思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする